JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

従業員12名の事業所です。36協定を締結せず(労働組合なし)、これまで職員に残業をさせていました。また、休日出勤に対

質問者の質問

従業員12名の事業所です。36協定を締結せず(労働組合なし)、これまで職員に残業をさせていました。また、休日出勤に対しては、代休対応とし、割増賃金の支払いを行ってきませんでしたが、今回、未払い残業代を請求されたが、どのように対処すればいいでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

36協定を締結せず残業させていたのはまずかったです。速やかに36協定を締結して今後に備えてください。36協定未締結は残業代未払いの理由とはならないため今回の請求には応じるべきです。

賃金(残業代含む)の請求権の時効は2年です。(労働基準法115条)

ですので最近2年以内の未払い残業代を支払う事になります。

 

労働者側が今後どのような行動に出るかはわかりませんが、時間外手当(休日労働手当含む)の未払い(労基法37条違反)は、

「6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金」という罰則(労働基準法119条)が設けられておりますので、労働基準監督署への申告や労働審判の申立てなどがされないよう、2年分の未払い残業代をお支払いいただいた方がよろしいです。

 

雇用・労働 についての関連する質問