JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

会社都合で正社員から契約社員に雇用が変更になりました。会社都合で辞めているので退職金が支払われます。私の考えですと会

解決済みの質問:

会社都合で正社員から契約社員に雇用が変更になりました。会社都合で辞めているので退職金が支払われます。私の考えですと会社都合で退職してるので、退職金の計算方法は会社都合の算式だと思います。ですが契約社員で再雇用になるので退職金の支給額は自己都合の計算式になりますか?この様な場合退職金の支給は会社都合ですか?自己都合の支給になりますか?か?回答宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

退職金については法律上にその定めはありません。

つまり、退職金制度は会社が独自に定めることができ、その支給対象者、支給金額、支給時期などは会社が自由に決定することができます。

では、どこにその定めがしてあるかというと就業規則(退職金規程)です。

会社の就業規則に今回のようなケースの特段の定めがなければ、会社都合で一旦退職しているのですから、それに対して支払われる退職金の計算方法は当然会社都合による計算式によるものでしょう。

ちなみに退職金制度は会社が自由に定めることができると言っても、就業規則上に制度化された退職金は労働基準法上の賃金と解され、その定め通りに会社が退職金を支払わないことは賃金不払いとして労働基準法違反となります。

労働基準法違反に関しては、労働基準監督署に申告することができ、労働者からの申告に対して、会社に指導・是正勧告がなされます。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問