JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

管理監督者についての質問です。 管理監督者というのは経営と一体的な立場・・・と定義がありますが、チーム(10名程度

解決済みの質問:

管理監督者についての質問です。
管理監督者というのは経営と一体的な立場・・・と定義がありますが、チーム(10名程度)の責任者で実際にマネジメントされている場合で、自分のチーム予算等があって仕事を行っていく方の場合は該当しますか?実際に仕事はずいぶん任せ、自分で部門をどのようにマネジメントして、予算達成をするかは任せています。このような部門の責任者は該当しますか?なんか判例をみると次長クラスでも管理監督者になれない例とかを見たのですが、実際はどうなのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

管理監督者について法的に明確な基準が設けられていないため、実際は裁判や労働審判を起こされて(起こして)初めて名ばかり管理職か否かがはっきりする、というのが現実です。

ただしいくらかの目安は存在します。

①定時労働がなじまないものであること

②残業や休日労働を命じるような権限を有している

③残業代等が支払われなくとも、それに相応するだけの待遇(役職手当等)を受けているか

④自部門の新規採用権限を有している

 

などです。

ご相談のケースではマネジメントが任されているのは管理監督者に近い感覚を覚えますが、それだけでは管理監督者とは言い切る事はできません。

上記のように相応の待遇や雇用権限まで付与されて初めて管路監督者となります。

その待遇や権限付与がなされていないようであれば、管理監督者ではない、と考えてよろしいかと存じます。

社内での職制で「〇〇長」「〇〇リーダー」という名称は、労基法上の管理監督者に該当するかどうかには関係ありません。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問