JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

飲み会の帰りにタクシーの中で社長にキスされそうになりました。 ダメですよ!と軽くかわしましたが、ずっと手を握ってい

解決済みの質問:

飲み会の帰りにタクシーの中で社長にキスされそうになりました。
ダメですよ!と軽くかわしましたが、ずっと手を握っていました。
今後どのように対応するのがいいのでしょうjか
会社を休んでみたほうがいいでしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

社長のセクハラ、ご心痛お察し申し上げます。

 

会社をお休みになるのも一つの考え方ですが、ご相談者様が今後どのようになさりたいのかが一番重要です。

会社を休んでも社長が何かに気づくことはないでしょう。酔っぱらったうえでの行為でしょうから、覚えてすらいないかもしれません。

セクハラする社長がいる会社ですが、それでも今の会社で勤続なさりたい、というお考えであれば会社と争うのは好ましくありません。

 

ただし労働者保護の制度として「あっせん」や「労働審判」といった制度があります。これらの制度を利用して会社に改善を求めていく(和解する)ことは可能です。

以下にあっせんと労働審判の説明をさせていただきます。


【あっせん】
都道府県労働局に申し立てをし、あっせん委員と呼ばれる専門家が労使双方の主張を聴き、和解案を提示してくれる国の制度です。費用はかかりませんし、弁護士などの専門家を依頼する必要もありません。
労働基準監督署内の総合労働相談コーナーでも申し立ての受付を行っております。
ご参考までに神奈川労働局ホームページのあっせんの記載箇所のURLを以下に添付させていただきます。
http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/kofun_yougo.html


【労働審判】
労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。
裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。
調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。
提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

<労働審判制度とは>

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

<労働審判手続き>

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

<労働審判手続きの必要書類>

http://www.courts.go.jp/saiban/qa_minzi/qa_minzi_48/index.html


これらの制度を申し立てたことによって解雇その他不利益な取扱いをすることは禁じられております。

しかし会社と争いになる事には違いありませんので、まずは雇用均等室に相談してみて、そのうえであっせんや労働審判を申したてるか否かをご判断されるのでもよろしいかと存じます。

【神奈川労働局・雇用均等室】

http://kanagawa-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/gyoumu_naiyou/kintou/kanjosho.html

質問者: 返答済み 4 年 前.

私は総務経理の係長職についていおります。


52歳(既婚)社長は70歳です。


 


普段から髪の毛の塵を取ってくれたりと


飲酒がなくても多少の接触があります。


 


呑んだ帰りも酔っている風ではありませんでしたので


たぶん、素面だと思います。


 


仲良くやってきたつもりですので信じられない


思いでおります。


今後も秘書的な立場でもありどう対応していけば


よいのか迷っているところです。


 


待遇面では優遇され特別


毛嫌いしているわけではありませんが


あくまでも社長と部下の立場としてです。


 


覚えている事は確かだと思ますので


これ以上の事にならないようにする為に


どうしたらよいものでしょうか


法律的なご回答につきましては


大変参考になりました。


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

法律的回答以外の回答となりますと、正解はありませんので、今までの経験則での回答となりますのであらかじめご了承ください。

なお、酔っていても素面でも法律的回答に変更はありません。

 

さて、法律的対応を取らないとなると、ご相談者様がセクハラを嫌がっている、という気持ちを社長に自然な形でわからせることが必要となってきます。

そうなるとご相談者様がおっしゃられているようにしばらく有給休暇等でお休みになるのが最も効果的でしょう。社長が素面で行った行為であればなおさら社長も心当たりがあるということで、自らの行為を認識するものと考えます。

出勤して社長への対応を冷たくするという手段も考えられますが、せっかく仕事上の人間関係としては良好であるわけですから、それを壊すのは得策とは思えません。

「精神的につらい状況ですので、お休みをさせていただきます。」という表現で、休暇を取得するのが現実的な対応ではないでしょうか。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問