JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sin4864に今すぐ質問する
sin4864
sin4864, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 279
経験:  労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
61543350
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sin4864がオンラインで質問受付中

アカハラかパワハラか分からない上、訴えるにしても何を情報として用意すればいいのかについてお教え下さい。 大学と

質問者の質問

アカハラかパワハラか分からない上、訴えるにしても何を情報として用意すればいいのかについてお教え下さい。

大学と大学院で准教授をしています。直属の教授から就職した2年前から中学生じみた嫌がらせをされてきました。この教授の嫌がらせのため三月で助教が病気になる前にと退職しました。

4月に入って大学院のシラバスを見ますと私の名前が授業担当からすべて抜かれていました。学部長に確認に行くと、あなたは研究論文の数が足りな いからシラバスに名前を書けない。気に入らなかったら気に入るところに行くしかない」と言われました。一見もっともらしい言い分です。しかし2年前に「可」の資格の文書をいただいており、資格審査には当時の内容で行ったというものの、次には、審査の書類を私が出していないから今回は審査していないとか、言われることが二転三転します。

実の所は、私の直属の上司が、退職した助教の授業をすべて私にさせたかったようですが、私は1コマさえ待たない教授にもってもらいたく、一部だけしか引き受けませんでした。これがきっかけで、教授が私に学部の授業を全てさせる、大学院の授業は本人がしたくないと言っているから、大学院の授業を外せと大学院の教授たちのところに何度も怒鳴り込んだようです。

大学院の担当者会議でシラバス決定時に、私の直属の上司のことだから嘘があるかもしれないと他の教員の発言から、真意の確認のために学部長が私に電話をされたようです。あいにく私が実験で不在にしており、このことは数日前に会議に参加していた教員から聞きました。その会議では私の名前はシラバスに載っていたとのことです。すべてを知っている学部長が、そんな事実はない、すべては論文の数の問題と言い張ります。学部長は臭いものには蓋をして、トップダウンで決定事項をおろしてきます。嘘が多いです。私は従来通り、大学院での授業をしたいのです。また昨日、大学院の学生用のシラバスには名前を入れるからと言いにきました。きっかけ、原因が混線しており、結果としては、授業を外された、大学独自で行う資格審査の不明瞭さ、能力がないと評価されている、場当たり的な対応で気分の落ち込みがひどい状態です。大学のパワハラ委員会はあるのですが、好き嫌いなどが強く事実を審議しないので実際は機能していません。2年前からのシラバスと就職時の資格審査結果はあります。倫理審査委員会に訴えて、過去の研究論文についてあからさまにされるのではとか、事実以上のリスクを背負うデータを提出しなければならないのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働

雇用・労働 についての関連する質問