JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

零細企業の経営をしております。 試用期間3カ月を終え社会保険、雇用保険に加入したばかりの正社員が他の社員(単独)に

解決済みの質問:

零細企業の経営をしております。
試用期間3カ月を終え社会保険、雇用保険に加入したばかりの正社員が他の社員(単独)による排斥等で離職いたしました。
離職後、精神的苦痛による自律神経失調症の可能性と診断を受け、労災申請、和解示談金を要求されております。
どのように対処すべきでしょうか?
労災申請は可能ですか?
給与の1.5ヶ月分の和解示談金要求は妥当ですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

労災の請求は可能です。退職によって労働者の労災請求権が無くなる事はありません。

 

和解示談金の件ですが、排斥等の行為を会社は認知し得る状況であったのでしょうか?会社が認知し得ない状況であれば、会社が退職した労働者と和解するのは筋が通りません。排斥行為を行った労働者との個人間の問題です。

 

ただし退職した労働者から排斥等の相談や報告があったにもかかわらず対応措置を取らなかったことによる傷病発症であれば会社は安全配慮義務違反を問われます。

安全配慮義務違反であれば損害賠償請求をされても致し方ない所です。

給与の1.5カ月分で示談が可能なのであれば安価な解決だと思います。労働審判等で責任追及される場合は3ヶ月~6カ月分程度の和解案提示がなされることがほとんどです。

もちろんケースバイケースではありますが、これ以上トラブルを増幅させずに1.5カ月分での和解が出来るのであれば検討の余地が大いにあると考えます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

和解示談金の算出方法について原則はございますか?


約3ヶ月間の総支給額÷日数×1.5ヶ月


約3ヶ月間の支払金額÷日数×1.5ヶ月


 


等、ちなみに給与は売上制により毎月変動いたします。


 


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

算出方法についての原則や法的な定めはありません。

 

3ヶ月の総支給額を2で除した金額でよろしいのではないかと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問