JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1052
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

孫娘のことについて相談いたします。 今春短大を卒業し、保育園に就職しました、努力して自分で職場を探し意気揚々と働き

解決済みの質問:

孫娘のことについて相談いたします。
今春短大を卒業し、保育 園に就職しました、努力して自分で職場を探し意気揚々と働き始めましたが、今になって職場の上司から、あなたは最初から「嫌い」だったとか、「いつ辞めてもいいのよ」
「変わりはいくらでもいるから」等の言葉を言われ、精神的に参ってしまっています。
また、更衣室、各教室等に監視カメラを設置しているようで、同僚との話していると、すぐに呼びつけ
「今何を話していたの、私の悪口でしょう」等、いちいち問い詰めるようで、孫娘は職場に出勤するのを最近、恐怖になってきているようです、今日も泣きながら電話をしてきましたので、当分休むように
言いましたが、このままでは、あまりにも理不尽ではないかと思い何かいい手立てはないものかと質問いたしました。退職させてもいいのですが、孫娘の気持ちを考えると納得いきません。
ほかにも、いろいろあるようですが、聞いた範囲での質問とします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

ご相談内容を拝見させていただきました。

お孫様のためのご相談ですね。少しでもお力になれれば幸いです。

 

大きく分けて次の2通りの方向性があります。

①在職を続けることが前提で、上司の行為をやめさせること

②上司に対して内容証明を送るなどして争うこと

 

ご相談内容からすると特に訴えることをお孫様にすすめるのではないように思いました。

したがって、①について解説させていただきます。

 

ア 公然化する

まずは公然化するのが大切です。もしかしたらお孫様一人で問題を抱えこんでいるかもしれません。また、園長など上司より立場が上の人が事実を把握していないかもしれません。公然化することが抑止力になります。

 

イ はっきりとハラスメントをやめるよう伝える

直接の加害者にハラスメントをやめるように伝えたほうが良いです。加害者は何も言わなければエスカレートしていく傾向があります。公然化してやめるように伝えれば、相手側に罪の意識があるのであれば抑止力になります。

 

ウ 証拠を残す

職場上の地位を利用してハラスメントをする理由は、部下だから黙っているとか、訴えられないとか、証拠がないなどの優位性からです。早い話、何もしてこないと思っている面があります。なので、詳しいメモ書きや録音などにより記録化しておいて、いつでも相手側に提示できるようにしておいたほうが良いです。

 

まずは、上司よりも立場が上の人に相談するのが良いです。そして、上司に注意をしてもらえれば抑止になります。一度、そういうことがあれば、行為者は、もしかして次は、異動や辞めさせるかもしれないと思うものです。

 

上記のアイウをしても、なお、状況が変わらないようであれば、専門家に内容証明を作成してもらい上司に警告を与えたり、慰謝料の請求が考えられます。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

当事者が、園長ですので逃げ場がないようです。退職する場合の対応をお願いします。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

園長の発言だったのですね。

保育園のトップに立つ者として、ふさわしくないと思います。

 

退職される場合は「期間の定めのない労働契約(正社員がほとんどです)」の場合、退職予定日の2週間前に申し出れば退職することができます。

 

貴方とお孫様のご意向にもよりますが、もし、このまま退職して泣き寝入りは避けたいということですと、慰謝料の請求や謝罪の要求が考えられます。直接の話し合いで相手が応じれば良いのですが、もしそうでないのであれば専門家に内容証明を送ってもらうなどの方法が考えられます。

 

もし、就職して間もないから、あまりかかわらず、次の就職先を頑張って探すということですと、何もせず、退職届を提出して辞めるのが良いと思います。

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

上記回答の補足ですが、退職してからでも慰謝料の請求などは可能です。在職中でないとできないということではありません。

雇用・労働 についての関連する質問