JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

通勤手当についてお教えください。 出張などが多く、毎月の通勤手当が次の月に日割り計算した通勤費の差額が減額されています。 就業規則には、"通勤手当は、翌月の1日か

解決済みの質問:

通勤手当についてお教えください。

出張などが多く、毎月の通勤手当が次の月に日割り計算した通勤費の差額が減額されています。
就業規則には、"通勤手当は、翌月の1日から末日までの分を1 か月の賃金として計算する。"
とあります。日割り計算に問題ないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
通勤手当については、労働法等に特に定められておりません。
そのため支給するか支給しないかどうかの判断は会社の裁量となっています。

実際のところ通勤手当を支給しない会社もありますが、これでも違法という訳ではありません。

ただし支給する場合については労働条件通知書、契約書、就業規則等何らかの形で書面に表すべきでしょう。運用についてはそのルールに則って行われるべきです。

さて出張等により日割り計算した通勤 費が支給されているということですが、そのルールについては就業規則に詳細に定められていないとの事です。

この場合はこれまで会社がどのようなルールで支給をしてきたのかによるでしょう。
もちろんこれまでも日割り計算で支給してきたというのであれば、不本意かも知れませんが特に問題なしと判断されるでしょう。

もちろん会社としては今回のような曖昧な就業規則の表記は好ましくとして詳細を規程することが望ましいことは言うまでもありません。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問