JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

従業員にたいして社長が飼ってやっているとか、一匹二匹と読んだりするのはパワハラと思います、又社長の奥さんや娘がつまみ

解決済みの質問:

従業員にたいして社長が飼ってやっているとか、一匹二匹と読んだりするのはパワハラと思います、又社長の奥さんや娘がつまみ食いの仕事しかしてないのに、従業員の悪口(何の根拠もない)などを社長に告げ口(告げ口メモも)して、その従業員を降格や減 給にして退職に追い込む。アルバイトにいたっては即刻首にするこういう事が日常茶飯事にあるのはパワハラと思います。残っている従業員の為にも社長やその一族を懲らしめる方法はないのでしょうか?(特に奥さんと娘はひどい)→くちだししたとこの店舗は従業員が固定せず(1年以上)大変です。社長は気が小さいので少し牽制球を投げるだけでも効果があると思うのですが。お金かかっても仕方ないので何とかならないもんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

従業員が降級や減給により、退職に追い込まれているようですが、これらを不当として会社に損害賠償を求めるには、その退職に追い込まれた本人が行動を起こすことが必要です。

よって、その本人たちが行動を起こさなければ、これらについてはどうしようもありません。

しかし、使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

ここでいう身体等とは精神的なものも含まれます。

このような点から労働局、または労働基準監督署内にある総合労働相談コーナーで相談されるとよいでしょう。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

投稿者が退職に追い込まれた本人です。

質問者: 返答済み 4 年 前.

投稿者が退職に追い込まれた本人です。

質問者: 返答済み 4 年 前.

投稿者が退職に追い込まれた本人です。

質問者: 返答済み 4 年 前.


質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不正確.
投稿者が当事者であることも読んで欲しかったのですが
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社に対しての行動は先の回答者が申し上げました通りです。

ご相談者様は既に退職に追い込まれているから(会社の労働者ではないから)、労基署が取り合ってくれない、とご心配なのでしょうか?

既に退職済みであっても労基署への申告は可能です。

滋賀労働局ホームページの該当URLを以下に添付させていただきます。

http://shiga-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/assennjirei.html

 

上記URLのページ内の「助言・指導とは」の部分のURLも添付させていただきます。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/dl/01d.pdf

 

「労働局長による助言・指導」制度は、お金がかからず、それでいて行政機関からの指導や勧告が行われますので、お灸をすえるにはベストの手段です。

「パワハラ(嫌がらせ)を受け、退職を余儀なくされた。調査・指導をしてほしいので申告します。」と労基署内の総合労働相談コーナーに申し出てください。

労基署という行政機関に動いてもらうには「申告」することが重要です。ただ「相談に来ました。」では相談を聞いてくれるだけです。

お金をかけずに行政機関から圧力をかけられるので、ご相談者様のご要望にマッチングする制度は「労働局長による助言・指導」制度になります。

sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験: 法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問