JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1100
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

お尋ねします。 私は日給のアルバイト契約で某運送会社の物流センターに勤めておりました。(9年在籍で今月退職)

解決済みの質問:

お尋ねします。

私は日給のアルバイト契約で某運送会社の物流センターに勤めておりました。(9年在籍で今月退職)
4~5年程前から業績悪化の為という事で、月の総額の賃金から6~8%も一方的に減額されていました。
これは正当なのでしょうか?
自分なりに調べても、理解しがたいことなのですが?
取り戻せるなら取り 戻したいのですが。どうなのでしょうか?
また、実働が8時間超えていても、時間外労働分の賃金が支払われていませんでした。
これは、賃金未払いに当たりますよね?
深夜帯・祝祭日の労働でも、通常の日給(時給)計算でしか支払われていません。
賃金の引き直しをして、正当な賃金請求は出来るのでしょうか?

また、1年前程より日給(アルバイト)から正社員での給与計算を一方的にされています。
自分の合意を得ないまま、雇用契約すら結ばないで。
これも日給計算より、かなり不利益を被っています。

宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

ご相談内容を拝見させていただきました。

 

賃金を含めた労働条件を変更するには原則、労働者の同意が必要です。

このことは労働契約法8条と9条に書かれています。

労働契約法8条・・「 労働者及び使用者はその合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる」

 

労働契約法9条・・「使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することによ

り、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない」

 

ただし、就業規則の変更が周知され、かつ、変更が合理的である場合には、個別に労働者と合意がなくても変更が可能です。


このことは労働契約法10条に書かれています。

労働契約法10条・・「使用者が就業規則の変更により労働条件を変更する場合において、

変更後の就業規則を労働者に周知させ、かつ、就業規則の変更が、労働者の受ける不利

益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の就業規則の変更に係る事情に照らして合理的なものであるときは、労働契約の内容である労働条件は、当該変更後の就業規則に定めるところによるものとする。」

 

上記のことから、まず賃金の減額が就業規則の変更によるものなのかそうではないのかをご確認いただく必要はあるでしょう。

 

ただ、就業規則による変更が有効となるには「周知」が必要なので、「一方的に減額されていました」という文章からすると、周知はされていないでしょう。そうすると、仮に就業規則による労働条件の変更だったとしても無効と考えられます。

 

その他にも問題のある会社のようで、時間外労働分の賃金は支払う必要があります。

 

対処法はまず、労働基準監督署に労働基準法違反を申告してください。賃金の未払いについては労働基準監督署が対応してくれます。計算方法も教えてくれます。その際、ご注意いただきたいことは、相談だけでは労働基準監督署は動いてくれないということです。相談ではなく「申告」である必要があります。

 

タイムカードのコピーを一部お持ちとのことで、労働基準監督署に持っていかれると良いでしょう。その他、給料明細やシフト表、採用時の求人広告などが残っているのであれば、持っていかれたほうが良いでしょう。

 

賃金の時効は2年なので、未払いが数年あっても2年分の請求となります。ただし、相手側が支払いに応じるのであれば2年を超えた分を回収できることもあります。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.


回答有難う御座います。


 


給与の減額はメモ紙程度の文書で給与明細に同封されていただけで、既に給与計算されていた状態です。


就業規則の変更ではないと思います。閲覧も出来ない状態でしたので、


正社員の給与計算をされた時点で就業規則の提示を求めても、1年間先延ばしされていましたし。


労基署に違反申告する前に、過去分のタイムカードの提出して貰ったほうが良いですか?


給料明細も全部保管してありますが、勤務時間の記載が抜けているのもありますので。


 


また、2年を超えた分も回収できる事もあると有りますが、どの様な手段・状況なら可能ですか?


 


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

 

>給与の減額はメモ紙程度の文書で給与明細に同封されていただけで、既に給与計算されていた状態です。

 

→ こういう方法で一方的に減額しても認められません。

 

 

>閲覧も出来ない状態でしたので

 

→ 労働基準法106条では、「就業規則を常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によって、労働者に周知させなければならない」としています。したがって、閲覧も出来ない状態ということですと労働基準法違反です。

 

 

>労基署に違反申告する前に、過去分のタイムカードの提出して貰ったほうが良いですか?

 

→ 申告前に提出してもらったほうが良いです。

 

 

 

>また、2年を超えた分も回収できる事もあると有りますが、どの様な手段・状況なら可能ですか?

 

例えば、3年分の未払い分を請求して、相手側が支払うのであれば時効が2年であっても3年分を回収できることになります。その他、あまり例がないのですが、時効により消滅した分についての残業代を不法行為として損害賠償が認められたケースはあります。

 

 

ところで、労働基準監督署以外の方法として、労働審判や訴訟での請求も考えられます。ただ、その場合でもまずは労働基準監督署に申告するのが良いでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

度々すいません。


 


以前、過去分のタイムカードの提出を会社に依頼したんですけど、本社営業所(保管してある所)に来て、閲覧・コピーはOKという事で返事を貰いましたが、もう退職していますし、私の自宅からは1時間以上掛かりますので、会社には【提出】をして貰いたいのですが・・・


 


それと、


違反申告した後は、労基署はどこら辺まで動いてくれるのですか?


不法行為としての損害賠償請求を起こすにしろ、代理人を立てた方が有利ですよね?


 


 


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

>以前、過去分のタイムカードの提出を会社に依頼したんですけど、本社営業所(保管してある所)に来て、閲覧・コピーはOKという事で返事を貰いましたが、もう退職していますし、私の自宅からは1時間以上掛かりますので、会社には【提出】をして貰いたいのですが・・・

 

→ 退職されているのであれば、閲覧・コピーのために会社に行きにくいと思います。提出してくれるかどうかは会社次第です。

 

 

>違反申告した後は、労基署はどこら辺まで動いてくれるのですか?

 

→ 労働基準監督署の対応には差があります。会社寄りの意見を述べるような職員もいますし、なかなか腰が重い場合もあるので、動いてくれるよう積極的に働きかけたほうが良いです。労働基準監督署は会社に資料の提出を求めたり、調査に入る権限があります。

 

 

>不法行為としての損害賠償請求を起こすにしろ、代理人を立てた方が有利ですよね?

 

→ 労働基準監督署への申告までなら代理人なしでも構わないと思います。訴訟となると弁護士に依頼したほうが良いと思います。時間外労働の請求の場合、付加金や遅延損害金の請求も可能です。労働審判は頑張れば代理人なしでもできなくもないです。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問