JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

これはパワハラでしょうか? 都内の法律事務所に勤務して、約4カ月です。 翻訳メインのパラリーガルとして中途採用さ

解決済みの質問:

これはパワハラでしょうか?
都内の法律事務所に勤務して、約4カ月です。
翻訳メインのパラリーガルとして中途採用されました。
当初から業務量が非常に少なかったのですが、所内の掃除や片付けなどを
率先して行うなどして、時間を過ごしてきました。
そんな中、12月の総選挙の際、投票に行かなければ給料を減らすと
言われました。その時は、笑ってやり過ごしました。
年明けから更に暇になり、暇だから◯◯さん(私の名前)の給料を
減らそうか!とまた、皆の前で大声で言いました。
翌日も2人の時に言ってきたので、笑いながらお給料は
返しませんよ〜とかわしたら、きつい口調で、
いいよ、苦しくなったらクビにするから、と言われました。

長く働いた方が産休に入るとのことで、私の数カ月前に1人採用され、
それでも人手が足りないということで、私が採用されました。
今は2人とも暇で、しかも産休の方も戻ってくる予定です。
今のままでは、本当にクビになるかもしれない、と不安で仕方ありません。
私は小学生の子供を1人で育てているため、真剣に悩んでいます。
転職も考えていますが、せっかく就職してすぐにこんな目に遭い、
再度の転職を考えるまで追い込まれたことが、
とても悔しいです。
毎朝、事務の方々よりも早く出勤して、会議室の掃除、
ポットのお湯などを続けてきました。
私は、どう考えれば良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。



貴方もすでにご承知かもしれませんが、パワハラに関しては厚生労働省から定義が発表されています。

【パワハラ具体的行為】

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

但し、上記事項に該当するかだけでパワハラかどうかは判断されません。

パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに成立すると考えられています。

また、パワハラなどの直接法令に違反しない問題に関しては最終的に裁判で決着をつけるしかありませんが、重要なのは貴方がどうしたいかです。

今ままで受けた精神的苦痛に対して、金銭解決をしてとっとと転職するか、あくまで勤務継続を視野に入れた話合いで職場環境を改善させるのか。

まずは職場の方たちの言動によって貴方が精神的な苦痛を感じていることをお話しされてみてはいかがでしょうか?

パワハラの原因のほとんどはコミュニケーション不足です。

つまり、パワハラをしているほうはそれがパワハラだと自覚していないことが多いようです。

貴方のお気持ちを伝えても職場環境が改善されないのであれば、行政に介入してもらうしかありません。

使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

ここでいう、身体等には精神的なものも含まれます。

このような面からも職場には問題があることを労働局、労働基準監督署内の総合労働相談センターに相談されるとよいでしょう。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

助言・指導だけで改善されないと思われるのであれば、労働局あっせん制度などの利用もお考えになられるとよいでしょう。

あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。

双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。

簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。

ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。

これも総合労働相談センターで相談、申し込みができます。

ご参考までに貴方のお住まいの労働局あっせん制度のURLを記載させていただきますので、より詳細な内容はこちらでご確認いただければと思います。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

クビになるかもしれないとご心配だと思いますが、解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められるものでなければ無効とされます。

貴方に何の非もないのに解雇が認めれることはありませんのでご安心ください。

いずれにしても、第三者にパワハラを主張していくにはいつ、どこで、誰に、どのようにパワハラと思われる言動を受けたのかメモを取っておく必要があります。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうござ います。
私の雇い主はパートナー弁護士なので、全ては彼の一存といった
雰囲気です。個人事務所で、会社組織とは価値観が違うようです。
彼の飲み物を定期的に買いに行く以外、私の仕事はない
ようで、ほぼ一日中、自席で待機している状態です。
これがかなり精神的にこたえます。前職では日にかなりの量の
原稿を翻訳していたのに。その仕事は業務委託だったので、
安定したいと思い、今の仕事に就いたばかりです。
最近は夜眠れなくなっています。
仕事をさせないくせに、いつまでも出来ないなどの
暴言を吐かれ、辛い毎日です。
パワハラしている本人がオーナーなので、
外部から指導が入っても、改善される可能性は
低そうです。きっとパワハラを認めないでしょうから。
やはり、こういう場合は黙って次の就職先を探すしか
ないようですね…。悔しいです。
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

その弁護士の人間性の問題が大きいようですね。

貴方の精神的苦痛を考えると、現職場はとっとと退職して、貴方の能力が十分に発揮できる職場に転職されたほうが、今後の為にも良いかもしれません。

しかし、どうしても悔しいのであれば、個人事務所といえども会社と同じく、使用者としての責任を問えますから、労働審判を行うことも可能です。

念の為、労働審判制度についてもご説明させていただきます。

労働審判制度とは裁判所において、原則として3回以内の期日で、迅速、適正かつ実効的に解決することを目的として設けられた制度です。

裁判官である労働審判官1人と労働関係に関する専門的な知識経験を有する労働審判員2人とで組織する労働審判委員会が審理し、適宜調停を試み、調停がまとまらなければ、事案の実情に応じた解決をするための判断(労働審判)をします。

訴訟の解決期間は短いケースでも1年足らず、長い場合は2~3年かかるのに対して、労働審判は3カ月程度で解決します。

費用も数千円から数万円程度で利用できます。

こちらもご参考までに詳細URLを記載させていただきます。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問