JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

お世話になります。私は専門型の裁量労働制で勤務をしています。お聞きしたいのは、このようなケースの休日出勤に関してです

解決済みの質問:

お世話になります。私 は専門型の裁量労働制で勤務をしています。お聞きしたいのは、このようなケースの休日出勤に関してです。仕事量が非常に多く、やむなく週末のうちどちらかを勤務することが多いのですが、会社からこれはすべて振替休日をとるように指導されています。しかしながら、忙しいために結局、振替休日の指定日に出社することになってしまい、振替休日がどんどんたまっている状況です。このような状況の場合、会社側に休日割増賃金(労働契約上、135%の賃金を休日は払うと記載があります)を請求できませんでしょうか?会社に聞いたところ、「当社には就労規則上、振替休日を買い取る制度はない」と言われました。これは労基法違反ではないかと思いますがいかがでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

専門業務型裁量労働制が適用される場合であっても、休憩時間や深夜業、休日に関する規定の適用は排除されません。

休日に関しては、毎週少なくとも1日または4週間に4日の休日を与えなければならないと労働基準法第35条に明確に定めてあります。
これを法定休日いいます。

休日を事前に振り替えていても、結局その日に出社しなければいけないのであれば、それは休日ではなく、労働日です。

その結果、上記法定休日を確保できないのであれば、貴方もご存じのように会社は135%の賃金を支払う義務があります。

>「当社には就労規則上、振替休日を買い取る制度はない」

会社が言っていることがよく理解できませんが、前述の通り、法定休日に労働させていれば会社は割増賃金を支払う義務があります。

会社が勝手に決められることではありません。

貴方が会社に改善を求めても聞こうとしないのであれば行政に介入してもらうしかありません。

このような労働基準法違反については労働基準監督署に申告することができ、労働者からの申告に対して、会社に指導・是正勧告がなされます。

労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。追加なのですが、上記のご説明で法定休日が週1日、月4日とありますが、弊社では通常の社員は土日は休日となっておりますが、このような場合に土曜日だけを仮に毎週働いた場合(週6日勤務した場合)、この1日分に対しては賃金は支払われないということなのでしょうか。実は土日を両方とも働くこともあるのですが、会社から土日両方の週末出勤は認められないとして、勤務簿に記入しないように要請されております。よろしくお願いいたします。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

休日には「所定休日」と「法定休日」というものがあります。

所定休日とは会社が決める休日のことで、貴方の会社の場合は土日です。

法定休日とは先程の回答で述べさせていただいた通り、週に1日、もしくは4週に4日のことです。

法律上、休日割増賃金の支払いが義務づけられているのは法定休日です。

会社が週に何日の休日(所定休日)を設けていようが、週に1日、もしくは4週に4日の休日を与えているのであれば、会社は休日割増賃金の支払い義務はありません。

(労働契約書、就業規則に所定休日に対しても休日割増賃金を支払う旨定めている場合は別ですが)

会社はそれが分かっていて、土日両方の週末出勤は認められないとして、勤務簿に記入しないように要請しているのでしょう。

もちろん、出勤しているのに勤務簿に記入しないよう指示し、その分の賃金を支払わないのは違法です。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問