JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

現在の雇用形態はアルバイトです 飲食店にて勤務しておりますが所属店舗が現在リニューアル中の為に他店舗にて勤務しており

解決済みの質問:

現在の雇用形態はアルバイトです 飲食店にて勤務しておりますが所属店舗が現在リニューアル中の為に他店舗にて勤務しております
リニューアルオープン時には所属店舗にて勤務予定でしたが3月1 2日に突然リニューアルオープンの店舗には戻せないと言われ
3月29日で閉店する現職場(他店舗)をもって雇用を終了と言われました
その代わりに別職種を提案されましたが時給があまりにも違い過ぎて生活できないレベルです
このケースは労働基準法違反だと思うのですが、どのように会社側と話しをするをするべきでしょうか
よきアドバイスをどうぞ宜しくお願いいたします
カワカミ
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
アルバイトであっても労働者ですから入社時に勤務場所を含めた労働条件通知書を明示しなければなりません。これがなければ労働基準法第15条違反となります。

労働契約自体は口頭であっても成立します。そのため勤務場所がリニューアルオープンの店舗であればそれ が労働契約となります。

次に雇用期間はどのようになっているでしょうか。
期間に定めがある有期労働契約か特に定めがない無期労働契約かによって対応がことなります。有期労働契約の場合は雇用期間満了まで、無期労働契約の場合は定年まで雇用期間となります。もちろん簡単に契約期間途中に雇用を終了することはできません。

代わりの別職種が提案されたようですが、こちらを受け入れなければならない理由はありません。納得が行かないのであれば断ることはできます。

会社との話し合いについては、まずは雇用終了は不当解雇である労働基準監督署に相談しに行くつもりだと伝えましょう。

もしそれでも駄目なようであれば実際に労働基準監督署の総合労働相談コーナーに行き相談してください。内容に応じて都道府県労働局長による会社への助言・指導やあっせんを受けることができます。

個別労働関係紛争の解決に関するリーフレットをご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/dl/01a.pdf

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧にありがとうございます。更に質問です、雇用期間が2ヶ月以内の期限を定めて使用される者にぶるいされH23.7.29入店、H23.12.21からH24.2.20迄となっており以降、書面なるものは交わしておらず今にいたります。この書面の裏に就業規則(解雇)について記載があり、


予告解雇については2ヶ月以内の期限を定めて使用される者は除くと記載されております。この場合はいかがなものでしょうか?泣き寝入りになるのでしょうか?この書面は現在も有効なのでしょうか?


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
泣き寝入りをすることはありません。

確かに労働基準法第21条においては解雇予告を不要としています。
ですが、これはあくまでも雇用期間が2か月のみの場合であり、契約更新をしているようであれば(しかも書面も交わしていないようであれば尚更)実質的には期間の定めがない労働契約と認められることになります。



takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問