JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

52歳、前の職場で派遣で働いていて、仕事が現在の会社に移管された時、仕事がわかっているので来てほしいと言われ・・・

解決済みの質問:

52歳、前の職場で派遣で働いていて、仕事が現在の会社に移管された時、仕事がわかっているので来てほしいと言われ・・・
何年かかるか分からないけど社員になれるなら、と準社 員で入社しました。
(2006年5月8日入社でもう少しで7年です)
最初3カ月、半年、1年契約更新でリーマンショックの時また3カ月更新になり、今は半年更新です。
1年前に明日の朝締め切りという時、専務に「社員になるか?」と、言われ即答できず、
今期はセンター長推薦がなかったとの事で無理だと思い込んでました。(タイミング逃したのです。)
半年後は、センター長が変わってしまったため、半年後の話はなくなりました。
(7年間にセンター長は5人目です。信頼関係できたらいなくなってしまいます。) 
その後何の話もなく、先日専務に「もう社員はない」と言われてしまいました。

今月更新なのですが、20日現在更新手続きまだ終わってません。
(過去ひどい時は時は4月に入ってからでした、しかもこちらから「更新手続き終わってましたっけ?」と聞かないと書類作成してくれず)

21日に人事課長が更新条件確認に来るとの事、
派遣の時の時給で少し昇給もあり、他の準社員の人より私だけ随分時給がよいのです。
他の人と合わす為減額が条件だそうです。・・・・正確な金額は21日です。

社員にもしてもらえず、この条件飲めないなら更新はないらしい。パ輪腹もいいとこですよね?
有給も取れず半休で病院行っても10:30頃には職場に待機している状況です。
1日なんて無理な話です

52歳で事務仕事見つかるとは思えません。
その条件で働くしかないのはわかりますが、
職失いたくなければ反撃できないのでしょうか?
泣き寝入りしかありませんか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

有期契約で契約満了時に新たな条件を提示し、それに納得するしないで契約を更新するか否かを判断するのはやむを得ません。それが有期労働契約ですので。

 

ご相談内容から会社に対して反撃できるのは、有給休暇の部分です。

 

有給休暇とは会社が与えるものではなく労働基準法という法律によって付与されているものです。そして労基法39条で、会社は労働者に有給休暇を与えなければならない、と規定されています。

 

会社には時季変更権といい、労働者が請求した時季が業務に影響を及ぼす場合には、請求された時季を変更する権利を持っていますが、病院へ通院するという用事であるのに、10:30には会社で待機させる、というのは、この労基法39条違反が濃厚です。

労基法違反の取り締まり官庁は労働基準監督署です。

 

労基署に「会社が労基法39条違反ですので申告します。」と「申告」をして下さい。

都道府県労働局長から会社に対して助言や指導、勧告が行われます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

返答ありがとうございます。もう少し教えてください。


 


私の場合、5年以上働いてて、正社員になりたいけど、なれないのでしょか?非正規社員雇用に関する法律には該当しませんか?


 


有給休暇については、私が、任せかねているから 出向いてしまうのでしょう理由で、「出てきてくれ」・・とは言われてませんが、安心して休めるバックアップ体制ではありません


 


前のセンター長はきつい人で、「残業するな!!」って人でしたのでサービス残業してる人はかなりいました。


今の人は、「できるだけ残業にならないよう時間配分考えて、必要な残業はきちんとつけてください。」って人なので・・・まだましですが・・・・


 


21日人事の提示してきた結果後、もう一度相談させてください


 


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

「私の場合、5年以上働いてて、正社員になりたいけど、なれないのでしょか?非正規社員雇用に関する法律には該当しませんか?」

→雇止め法理の事だと思われますが、これは平成25年4月1日に施行されるもので、その日から5年間勤続した有期労働契約が対象となるものです。

今までの5年間は対象とはなりませんので、今回施行された法律には該当しません。

 

 

「21日人事の提示してきた結果後、もう一度相談させてください」

→恐れ入りますが、当初のご相談内容に対する専門家の回答に対して不明な点がある場合に使用するのが返信機能です。新たな内容の相談を追加するには新たにご投稿いただくことが必要です。

 

 

ご相談者様は月極会員に登録されておられるようですので、新たな投稿をしても追加料金が発生することはありません。

当初のご相談に対する回答でご評価をいただき、新たなご相談は新たにご投稿くださいますようよろしくお願いいたします。

 

追加のご相談で当職をご指名いただけるのであれば、ご投稿文の始めに「sr_hossyへ」と記載していただけたら当職が回答をさせていただきます。

 

下記備考欄をご覧いただき、適切なお手続きをいただきますよう重ねてお願い申し上げます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問