JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

不当な転勤についてのご相談です。 お忙しいとは思いますが、お力添えをお願いを致します。 転勤を断ることはでき

質問者の質問

不当な転勤についてのご相談です。
お忙しいとは思いますが、お力添えをお願いを致します。

転勤を断ることはできるのでしょうか?


【現状】
昨年9月に、父が亡くなり15年の介護をしてきた母一人になってしまい、心配もあり転勤先の社宅を払い実家にもどりました。
介護疲れもあり、体調を壊しており現状は1人で歩くことも困難な状況です。
私は1人っ子で、また未婚です。
父の介護をしている母を気遣いこれまで週末は実家に帰っては母の気晴らしに外に連れ出したりをしておりました。

【内示を受 け】
転勤の内示を今日言われ、3/1公表です。
4/1に転勤と言われました。
そこで、上記の件を部長に伝えるとおまえの扶養に入っているのかといわれ、それなら一緒に連れていけばいいとの回答。
内示について、話の内容はわかりましたと回答。
転勤を了承したということではないですとはっきり伝えました。
そしたら、サラリーマンだから仕方ないとの回答。

【概要】
大手の電器メーカーのエンジニアリング会社勤務です。
今の部(保守部門)に配属されて、1年半になります。
その前までは、営業部におりました。
上司の好き嫌いで、異動をさせる人の様で実績とかまったく関係なく忠犬ハチ公でないとだめなようです。
私は、営業をしていたこともあり今の部署で目立つほどの実績をあげておりそれも怒られる始末です。
なんにせよ、私だけ怒られ、なんもしないほうが評価されるくらいです。
先輩に相談したら、上司が駄目だから支店長に上記の話をして駄目なら次は。。。。
とアドバイスはもらってます。
また、客先でもある長くお付き合いをして頂いてる各所に転勤のご連絡をしたら、誰に言えば転勤ま逃れるのと言ってくださっております。極端に言うと、当社と取引きをしないとか言うよとまでいっていただける方もいます。

誰がみても、不当な異動ですので権力に屈せず転勤を拒否できる法的なアドバイスを頂けますと助かります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
労働法の特徴は、解雇に対しては厳しく規制をしていますが、転勤については容認するものとされています。そのためご相談内容から判断する限り法的に不当性を上げるのは難しいものがあります。

先輩のアドバイスのように上司が駄目だから支店長に上記の話をして駄目なら次は。。。。というのは現実的な対応です。まずは社内等で相談できる相手に手を尽くしてもらうべきでしょう。

それでも駄目なようであれば別の方法を考えましょう。
転勤については、次の3つの条件が必要だとされています。

1.転勤の根拠があるかどうか
そもそも職種や地域限定の採用ではないのであれば、就業規則や労働契約書などにおいて会社は業務上の必要が有る場合、転勤を命じることがある など記述がされているかどうかを確認してください。

2.法令違反があるかどうか
例えば思想信条による差別に当たるかどうか。この場合は労働基準法第3条違反です。

3.権利の濫用に当たるかどうか
転勤の必要性、労働者が通常甘受するべき程度を超える不利益などの程度が著しい場合は権利の濫用と判断されます。

この3つの条件の判断については、ケースバイケースのため個別で行う必要があります。
そのためまずは行政などの第三者に入ってもらうあっせんをお勧めします。もしそれでも駄目なようであれば労働審判制度を活用されたらよろしいかと思います。

あっせんとは、弁護士などの第三者が会社と労働者の間に入って双方の話し合いによる解決を目指す制度となります。利用についても無料となっています。あっせんの申し立てについては労働局や労働基準監督署にある総合労働相談コーナーにて行います。

労働審判とは、労働問題に関する簡易な審判制度となります。労働審判委員会が原則として3回以内の期日内で審理し、適宜の調停を試みもし調停による解決に至らない場合には審判を行います。

また審判に不服がある場合には異議を申し立てることにより自動的に訴訟へ移行することもできます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の回答をありがとうございます。


 


私の勉強不足もあり、上記の回答の解釈があっているかどうかわからないのでご教授願います。


 


1.転勤の根拠~はあると思います。


 


2.思想信条による差別が当たると思われます。


 


→部長が気に入らないひとは排除される様です。


 もっというと、昨今社内全体が好き嫌い人事で適材適所ではないように思 います。


 また、サラリーマンだから仕方ないところも、当方がそこが下手なのも


 わかってはおりますが、無駄に志を曲げてまで上に気に入られようとか


 はしたくないのも事実です。


 


3.の内容が難しいので、申しわけありませんがもう少し砕いてご説明を頂けますと助かります。


 


以上、よろしくお願いをいたします。


 


 


 

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
繰り返しになりますが、転勤については法律で規制がないため先の3つの条件を勘案して総合的に判断することになります。つまり転勤拒否が本人のわがままと捉える事ができるかという視点でも判断されるということです。( これは全ての社員の意見に従うことになると会社がまわらなくなるためです)

前置きが長くなりましたが、3.については要は他の社員と比較してあなたが転勤することが妥当かどうか、転勤理由が嫌がらせなどの不当な理由と判断できるかどうかということです。

つまり「上司の好き嫌いで、異動をさせる人の様で実績とかまったく関係なく忠犬ハチ公でないとだめなようです。」というのは3.の条件を満たしていないため転勤命令は無効である可能性が高いと会社に主張されたらよろしいということです。

雇用・労働 についての関連する質問