JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

パワハラ社員に困っています。私は30代の経営者ですが、50代の熱血社員の若手指導法に困惑しています。泣き出し、退職す

解決済みの質問:

パワハラ社員に困っています。私は30代の経営者ですが、50代の熱血社員の若手指導法に困惑しています。泣き出し、退職する若手社員もでています。社長としてはパワハラとして、何度も注意してきたのですが、改善されません。本人はあと一年半で定年だし、己の仕事への責任感は 固く、持論を変えるつもりはありません。口達者で正論を語ることもあり、非常にやりづらい環境です。
 私が片目をつぶってきたことで、会社がすっかりダメになってしまいました。私は彼を解雇したいのですが、彼もまた労働者として労働基準法に守られていることに困惑しています。パワハラ社員について、どのような処分が可能か教えていただきたいです。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

社員の横暴、ご心痛お察し申し上げます。

 

解雇することをご希望となると、まずは御社の就業規則の懲戒解雇の定めがどのようになっているかがポイントとなります。

パワハラをした者は解雇する、という趣旨の定めがございますでしょうか。その定めがあれば、辞めていく若手に証言を約束してもらえば、解雇処分にできるでしょう。パワハラ社員が「不当解雇である」と何らかの行動に出てきても、証人がいるわけですから懲戒解雇の妥当性はいくらでも主張できます。

 

就業規則がない、就業規則はあるが解雇等制裁の定めをしていない、という状況であるならば、まずは労働基準監督署へご相談いただくのが最も安全で確実な行動といえます。労基署とは労働者からの相談だけではありません。経営側の相談にも乗ってくれます。

パワハラ社員の実態を説明して「懲戒解雇は妥当か」、労基署の見解を事前に確認しておくのがよろしいでしょう。

 

なぜなら「不当解雇だ」と主張する労働者が最初に駆け込むのが十中八九、労基署です。そこの見解を事前に確認しておけば解雇処分を下してもご相談者様としては安心できるものと考えます。

 

パワハラ社員を放置してしまうと、パワハラを受けた労働者から会社が職場環境配慮義務違反を問われる可能性も否定できませんので、その点も含めて労基署へご相談いただけたらと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。追加質問してもよろしいでしょうか。解雇でない対応方法はありますか?たとえば「頭を冷やしてください」と、出社停止措置をとることも考えております。(就業規則にはありません)

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

解雇でない対応も全然ありです。

そもそも懲戒解雇が最も重い制裁ですから。

ただし就業規則に定めがない、となるとその制裁の根拠が揺らぎますので、労基署へのご相談は絶対に事前に行った方がいいのは変わりません。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問