JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

初めまして、私は、木造建築の現場担当者(監督)ですが、この度建物を建てる前に、建物の位置を決める(遣り方墨だし)を社

質問者の質問

初めまして、私は、木造建築の現場担当者(監督)ですが、この度建物を建てる前に、建物の位置を決める(遣り方墨だし)を社内の3人に手伝ってもら い行いましたが、右側境界より建物の空き寸法が図面上、平行寸法であるのに建物前部の右寸法は図面通りでしたが、建物後部の右寸法を10センチ間違えて基礎工事を進めていました。(進行状態はベタ基礎の堀方、型枠工事が終わり、一部の配筋が完了していた状態でした)そこへ、社内役員がたままま、訪れ、気付いた状態です。それを修正するのに、業者と役員(積算兼務)が話をしたところ、役員の話では55万円の追加金を要求されたとの事なので、現場で業者にじかに話を聞きましたら、金額は言われませんでしたが、追加金詳細は、この度の、間違い修正工事代金だけでなく、他の変更追加金も含まれているとの事でした。 会社役員からは、ハッキリでは有りませんが私に弁償させるような事を言われ、また、給料から天引きするような事を言われました。給料天引きは労基法24条に違反すると思いますので、他の方法項目で下げられるような気がします。そして、会社からかなりの嫌みを聞かされますので、退職したい気持ちですが、良きアドバイスをお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

ご相談者様のおっしゃる通り、給与から賠償予定金を天引きするような行為は労働基準法24条違反であり、「たとえ損害賠償を予定している状況であったとしても、給与から差し引く行為は認められない。」と最高裁も判例で述べています。

賃金の支払いと損害賠償は全く別の問題、というわけです。

 

他の項目(名目)で下げられる、といっても一方的な労働条件の不利益変更は認められません。労働条件の変更には労働者の合意が必要ですので、勝手に基本給を引き下げる、〇〇手当を引き下げる、という行為は許されません。

 

そして労働者のミスによって会社に損害が発生したとしても、労働者が全ての損害を賠償しなければならないというケースは皆無に等しいくらいごく稀です。

ケースバイケースですが、労働者が故意または重大な過失で発生した損害であっても判例では40%くらいが労働者の賠償負担で、残りは会社負担とされるケースがほとんどです。

労働者が働くことによって会社は利益を得ているのに、損害が発生したときは全て労働者負担、では不公平である、というのが基本的な考え方です。

 

そして損害賠償が予定されている労働者であるからといって退職の自由が侵害されることはありません。賃金同様、退職も賠償とは全く別の問題です。

退職の申し出から2週間が経過したら退職することができる、というのが民法627条の規定ですので、退職予定日の2週間前までに退職の申し出をすれば退職可能です。

 

まずは労働基準監督署へご相談されてはいかがでしょうか。ケースによっては労基署が間に入って話をしてくれて解決する事もあります。

当事者同士で話し合っても感情的になり、「払う」「払わない」の水掛け論に陥るだけでしょうから、労基署という行政機関に間に入ってもらうのがよろしいかと存じます。

雇用・労働 についての関連する質問