JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして43歳男です。よろしくお願いします。地元の清掃業社で浄化槽管理をしています。血圧が高く病院に通っています

解決済みの質問:

はじめまして43歳男です。よろしくお願いします。地元の清掃業社で浄化槽管理をしています。血圧が高く病院に通っています 。医師の方から「時間をとって体を休めるように」との指示で、ノルマをこなし自宅で休憩しておりました。しかし、1月30日に社長の方から時間まで仕事していないと指摘され口論となり、私が社長に「会社を辞めろということですか」と聞きましたが社長は何も言いわずそのままその日は終わりました。次の日から体調を崩し今月の6日まで休みましたが、7日に出社しましたが翌日からまた体調を崩し11日まで休みました。12日から16日まで出社し、18日に体調が悪く休みました。19日に出社したところ、社長から「辞めるのなら早く辞めろ、次の人を探すから」と言われました。20日は病院の診察があり休みました。21日は会社辞めるつもりで出社しませんでしたが、会社から親へ電話があり出社するように説得され、本日の朝出社しましたが、挨拶が小さく聞き取れなかったか、「挨拶もできないのなら、もう来なくていい」と言われました。この事は私が一方的に悪いのでしょうか。乱文で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

ご相談者様が一方的に悪い、などということはありません。お身体が大切ですので、お大事にしていただきたいと思います。

挨拶が小さく聞き取れなかったのは、ご相談者様が挨拶はしたが社長には聞こえなかった、という単なる勘違いの問題です。

社長が言っているのは昨日の朝の挨拶の件ではなく、それ以前の口論の事で言っているのではないでしょうか。お互いの感情のもつれです。

ご相談者様としては今後どのようにしたくて、どのような内容のご相談をお望みでしょうか?

お手数をおかけしまして恐縮ですが、ご返信いただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

返信ありがとうございます。私は、今のところ会社に行く気にはなれません。退職希望なのですが、親が退職するのは反対しています。父親と二人暮らしで家のローンは私支払しています。再就職先を見つけるのは苦労するとは思いますが、。今の状態で退職金を支払ってくれるかどうかもわかりませんが退職希望です。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

退職金ですが、これは法律で義務付けられた制度ではありません。会社の任意で設定する制度です。退職金制度がお勤めの会社に存在するかどうかご確認ください。

退職行為についてですが、2週間前までに退職の申し出をすれば退職することができる、と民法627条で定められております。

そのため退職届を提出して2週間後に退職することが可能です。

ご相談の内容がわかりませんので、退職と退職金制度について法的回答をさせていただきましたが、ご相談になりたい趣旨と異なっておりましたらご指摘ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。趣旨は、私は一度も「会社を退職する」ということを会社に言ってませんでしたが、「辞めるのなら早く辞めろ、次の人を探すから」などの言葉は、一方的に退職させようとした言葉ではないでしょうか。労働基準法に違反しておりませんか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

「辞めるのなら早く辞めろ、次の人を探すから」という会社側の発言は退職勧奨と呼ばれるもので、その行為自体は違法行為ではありません。辞めるつもりのない労働者は応じなければいいだけです。

脅迫等で無理やりに辞めさせようとする退職強要は許される行為ではありません。今回ご相談いただいているケースは、退職強要まではいっていないケースです。

労働者としては

・退職するつもりはない →退職勧奨に応じない

・退職するつもり     →退職勧奨に応じる

というどちらかの行動を取る事になります。

日常的に「辞めろ」と連呼されるような状況であればパワハラに該当する行為となります。その場合は労働基準監督署へ相談したり「あっせん」や「労働審判」といった個別労働紛争解決手段を使って第三者を交えて話し合い、和解を目指すことになります。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問