JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私がパート勤務している会社では、タイムカードがあるのに、それをさらにExcelに入力させらて、タイムカードを確認せず

解決済みの質問:

私がパート勤務している会社では、タイムカードがあるのに、それをさらにExcelに入力させらて、タイムカードを確認せずにExcelに入力したものをもとに給料が支払われます。
Excelに入力ミスや確認ミスがあると、責められます。ちょっと納得がいきません。
給与の計算は本来、タイムカードに基づいて事業主に責任があると思うのですが。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

労働時間の管理については、厚生労働省から「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準について」という形で通達が出ています。

その通達によると、使用者は労働者の始業・終業時刻の確認および記録を正確におこなうこと、そのための始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法として、原則として「ア 使用者が、自ら現認することにより確認し、記録すること」「イ タイムカード、ICカード等の客観的な記録を基礎として確認し、記録すること」としています。

つまり、タイムカード等による労働時間管理が望ましいとされていますが、そもそもそれを義務付けるものではなく、ご相談内容のように、労働者にタイムカードからExcelに転記させたものをもとに給料計算をしても問題ありません。

さらに、あくまで通達であり、そこに法的効力はなく、使用者の労働時間管理の方法については法律上に明確な定めがないのが現実です。

但し、貴方が仰るように給与の最終確認は事業主がするべきことは言うまでもありません。

仮にExcelの計算が間違っていたのであれば、会社は正しい額を支払う必要があり、貴方が責められる筋合いはありません。

どうしても納得できない、またこのようなことが再度起こるようであれば、行政に介入してもらうしかないでしょう。

このようなことは労働局、または労働基準監督署内にある総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
事業主には給与の最終確認をする義務があるという認識でよろしいでしょうか?
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

法律上に最終確認をする方法まで定められていませんが、当然正確な給与を支払う義務がありますの最終確認をする必要があります。

労働基準法24条にも「賃金は、その全額を支払わなければならない」と定められており、Excelの計算間違いを貴方が確認しなかったからと言って、不足分の支払いを免れることはできません。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問