JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

2月に65歳を迎える嘱託契約の方の更新を終了したく交渉の準備を進めています。 当社は製造業で、もともと外注の社長さ

解決済みの質問:

2月に65歳を迎える嘱託契約の方の更新を終了したく交渉の準備を進めています。
当社は製造業で、もともと外注の社長さんでしたが、先代の社長が当社のピンチ時にヘルプを要請し嘱託契約にて5年勤務してもらいました。その外注とも、なお、現行取引はあります。
待遇はその他嘱託の方より高待遇です。
しかしその方は当社に勤務することで経済的に メリットがあるため、更新せずという意向を見せることで不満を言ってくると思います。(不満とは急場を助けた恩があるはずだ。都合がよすぎる。別の人は対象にならないのか?自分はそのような低い評価なのか等です)
しかし、その方はやっていただきたい仕事も全てやっているわけではなく、体力的に厳しい仕事等は拒否もしています。

それに対し、下記のストーリで抗弁となるのかの検証をお願いします。よろしくお願いします。

①逝去した先代社長との約束
 先代から助けて頂きたいという旨でお力添えを頂き十分感謝しております。お世話になりました。
○○さんの技術力をお借りしていましたが下記規模縮小を踏まえ当社に技術を戻すことで来期進めることになりました。

②規模縮小
 工場の仕事が激減しており、赤字が続いています。このまま工場の赤字を続けることは経営的に困難のため、赤字アイテムの縮小を考えております。ついて経営努力という面で工場内配置転換やスキルアップを視野に入れ多能工化等も取り入れるなか業績の改善や受注拡大を促して参りましたが、現状その効果も薄いのが実態です。

③65歳
 この業績下で嘱託の方々についても実務を社員に引き継ぎながら65歳以降については更新について見直しを一律で順次進めております。
今後年金の行方が危惧される若い世代を雇用継続するためにも現在、年金を受給されている65歳以上の方々と更新について交渉させていただいております。
 また、労働安全を考慮する上で65歳以上ともなると現業職にはリスクが伴う現実もあり一旦線を引かせて頂こうという趣旨もあります。
 社内には65歳以上の者もおりますが、実務内容としては海外出張、技術指導等精神的体力的に仕事を選ぶことなく正社員に勝る活躍を、さほどいいとは言えない待遇で行っており、部分的には上記交渉外の方もおります。

④待遇高い
上記のような嘱託メンバーの中、○○さんは先代との約束もあり比較的高待遇でお迎えしておりました。しかし、(当社名)という母体あっての待遇で、工場業務縮小止む無しという状況下で継続するのは企業存続の意味で妥当ではない状況になって参りました。
経営的には非常に心苦しいなか、更新については現契約を持って終了とさせて頂きたい状況です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

拝見させていただきました文面はとても丁寧で内容に特に問題はありません。

 

ただし相手が抗弁してきても対応できるかどうかは、労働契約と就業規則の内容によります。

嘱託の方との雇用契約の内容と、就業規則の定年の定めがどのようになっているか、ご返信いただけますでしょうか?

 

お手数をおかけして恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


嘱託の方との契約は半年契約、1ヶ月前に更新手続きをすることになっています。


また、就業規則は下記の通りです。


1.社員の定年は満60歳とし、定年に達した月の末日をもって退職とする。


2.定年に達した社員が希望する場合は、定年に達した日の翌日から1年間、嘱託社員として再雇用することとし、その後最長で満65歳に達する日まで同様とする。尚、原則として再雇用は希望者全員を対象とする。


3.嘱託社員に関する労働条件は、嘱託社員労働契約書の定めるところによる。



となっております。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

おうかがいした契約内容、就業規則内容であれば、契約未更新としても違法行為とはなりません。

契約期間満了に伴う契約終了を1ヶ月前までに通告して下さい。

ただし5年という長期の勤続があったわけですので、契約期間満了とはいえ解雇予告が必要となります。解雇予告は30日前までに予告すればいいわけですから特に問題はありません。

「急場を助けた」というような浪花節のような話は労働契約には関係ありません。

嘱託の方が不満を言ってくる場合に備えて、事前に労基署に「問題があるか」相談しておくのも一つの方法です。いざ契約終了を言い渡して不満を言ってきた場合に「労基署の〇〇氏に確認済みであり今回の措置に問題はありません。」とくぎを刺すこともできます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

ご質問に対して専門家として全て回答させていただきましたが、回答にご不明な点や不備がございましたでしょうか。

ご不明な点がございましたら何なりとご返信下さい。

何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問