JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

準社員という立場で1年毎で雇用契約を行われているスタッフが上司より仕事での指導時に「指導にしたがわなければ来年契約し

解決済みの質問:

準社員という立場で1年毎で雇用契約を行われているスタッフが上司より仕事での指導時に「指導にしたがわなければ来年契約しない」とかハッキリした根拠なく「次の年の契約は行わない」など契約解除をちらつかせています。問題はありませんか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での上司の対応、ご心痛お察し申し上げます。

 

契約満了時に契約を更新するかどうかは会社と労働者の合意の問題です。

 

しかし契約解除をちらつかせるような言動を頻繁に行う行為はパワハラに該当する可能性があります。そのため「問題がある可能性が高い」という回答となります。

パワハラか否かを判断・認定するのは労働審判や裁判といった場で労働審判官や裁判官が判断する事となります。「誰が」「どこで」「いつ」「どのような発言があったか」の証拠の確認を行ったうえで判断されます。

 

まず第一段階として労働基準監督署への相談をお勧めいたします。労基署内の総合労働相談コーナーでパワハラに関する相談を受け付けてもらえます。相談の上、パワハラの可能性がある、となれば労基署担当者から「あっせん」や「労働審判」の申立てを勧められることでしょう。

そのうえで労働審判等の個別労働紛争解決手段を利用するかどうかをご相談者様が判断するのでも遅くはありません。

 

なお、労基署へ申告した、あっせんの申立てをした、などの理由で解雇その他不利益な取扱いをすることは禁止されております。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問