JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

夫は、平成21年7月過労によるうつ状態で自殺しました。漁業協同組合の信用部にいて、使い込みをした職員がありました。し

質問者の質問

夫は、平成21年7月過労によるうつ状態で自殺しました。漁業協同組合の信用部にいて、使い込みをした職員がありました。しかし、家族が返済したこともあり、刑事問 題としないようにと上部団体からもみ消されました。ところが、その後、上部団体は過去5年間の貯金の出し入れの伝票を休みもなく調べさせました。夫の部下もかなりの苦痛だったと思います。訴えようと思いましたが、長男が、県職員で水産関係の仕事をしているので、これから先、必ず立場に影響するものと考え思いとどまっているところです。何を、誰にどのように進めるべきか悩んでいます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

回答いたします。

自殺の原因が過労によるうつ病であれば、労働災害になる可能性があります。

まずは、過労であったことを示す過去の1年間くらいの出勤簿を持参して、最寄りの労働基準監督署に労災の相談をお勧めします。

出勤簿を持参することが難しければ、メモでもいいので、過労であることがわかる出勤日数、労働時間数をできるだけ詳細に書面にして持参してください。

労働基準監督署で労災と認められれば、その後は組合に対して、損害賠償請求をすることが考えられます。

損害賠償請求をするにしても事前に労災と認められていれば、訴訟も有利になるかと考えますので、早めに最寄りの労働基準監督署に相談してください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


団体職員の出勤時間等の記録は曖昧なもので無理だと思います。こんな結果になると思ってもいなかったので、メモもありません。ただ、生活の中で休みもなく、夜遅くまで大変だなと思っていました。そういう場合はどうすればいいでしょう?

質問者: 返答済み 4 年 前.


団体職員の出勤時間等の記録は曖昧なもので無理だと思います。こんな結果になると思ってもいなかったので、メモもありません。ただ、生活の中で休みもなく、夜遅くまで大変だなと思っていました。そういう場合はどうすればいいでしょう?

専門家:  hiroumushi 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

勤務記録がなければ、思い出すしかありません。

同僚に聞いたり、貴方が思い出せる範囲で、いつ休んでいたか、夜遅くとは具体的に何時ごろまで仕事をしていたのかなど、おおよそでもいいので、わかる範囲で書面でしていけば、ことが重大なだけに労働基準監督署も相談にのってくれるのではないかと考えます。

できれば、一緒に働いていた人などの証言が得られれば一番いいのですが、まずはいま現状でわかる範囲の勤務情報を集めて、早めに労働基準監督署に相談するべきだと考えます。

労災には時効もあり、時間が経てばたつほど記憶が薄れることや残っている記録もなくなってしまう可能性があるので、早い行動をすべきだと考えます。

質問者: 返答済み 4 年 前.


人間関係を壊してしまうのを覚悟しなければなりませんか?労働基準監督署は、忙しいと思うのですが、迷っているような私でも時間を割いてくれるでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

先の専門家がオプトアウトされたので、代わって回答させていただきます。

 

労災が認定されるには「業務遂行性」を満たした上で、「業務起因性」を満たすことが必要です。

「業務遂行性」とは災害発生時に、労働者が労働契約に基づき事業主の支配下にあることを言い、「業務起因性」とはその災害が、業務に起因して発生したものであることを言います。

つまり、労災に認定されるということはこの二つの「業務起因性」「業務遂行性」を満たしたということであり、これを反対に言えば、会社の業務に原因があるということを労基署が認めたということになります。

よって、大抵の会社は労災申請することに非常に消極的です。

(会社がしないのであれば、労働者、遺族が個人で行えます)

中には労働者が労災申請したいと言っても、「そんなことは認めない」などと言う会社もあります。

(これは労災隠しと言って犯罪です)

特に今回のようにうつ状態での自殺は労災認定されると、労災とは別に会社に対して損害賠償をすることができるので、労災申請すること自体で会社との関係性は悪くなるのは避けて通れません。

精神障害の労災認定の基準については厚生労働省から通達が出ていますので、こちらをご参考にされるとよいでしょう。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/090316.html

 

ご家族のお仕事の関係もあると思いますので、事前に労働基準監督署の担当官に労災認定される可能性がどれほどあるのか、相談したうえで申請をするか否かご検討されるとよいと思います。

ちなみに労災申請すること自体に出勤簿などの書類は必要ありません。

労災申請をすれば後は労基署が会社に調査に入り、会社に書類提出などを求めます。

また、労基署はどんなに忙しかろうが労働者や遺族から労災申請をされれば、それに基づいて調査等を行います。

もちろん貴方が相談することにも時間を割いてくれます。

それが仕事ですから。

remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験: 社会保険労務士
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


良くも悪くも、自分の決心が必要なことと、労働基準監督署に相談すればよいことが解りました。しかし、雇用者側が上部団体の意向に沿って刑事事件としなかったことは、雇用者又は上部団体と争うことになるのですね?

質問者: 返答済み 4 年 前.


良くも悪くも、自分の決心が必要なことと、労働基準監督署に相談すればよいことが解りました。しかし、雇用者側が上部団体の意向に沿って刑事事件としなかったことは、雇用者又は上部団体と争うことになるのですね?

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

評価をいただきありがとうございます。

上部団体が職員の使い込みをもみ消したこと、雇用者側も上部団体の意向に従ったことに対して、ご相談者様はどうにかしたいということでしょうか?

そうであれば、雇用者やその上部団体と争うことになりますが、こちらのカテゴリは【雇用・労働】のカテゴリとなり、大変申し訳ございませんが、そのような点については回答できません。

もし、そのような点についての回答が必要であれば、【刑事告訴・告発】又は【法律】のカテゴリで改めてご投稿いただけますようお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問