JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

娘のことで相談がございます。医療系に勤務一年目の20代女性です。昨年秋ごろから30代の男性先輩(3名のみの科)に、仕

解決済みの質問:

娘のことで相談がございます。医療系に勤務一年目の20代女性です。昨年秋ごろから30代の男性先輩(3名のみの科)に、仕事に関して質問しても無視、罵倒されはじめ、先日ほかのスタッフが退社した後、話し合いをしていた際、顔・頭部を殴打され脳 震盪をおこしたようです。現在寮生活をしていますが、泣きながら電話をしてきましたので会いに行ったところ、額にこぶ、両ほほに紫色のアザがありました。数日前に会った際も顔を殴られたようで鼻が腫れていました。本人は、自分が馬鹿だから、理解能力がないから(日頃から先輩に言われているそうですが)先輩を怒らせてしまっていると、ひたすら謝罪して帰宅時間も遅くなるのも自分が悪いと言っております。
一度、心配してくれたほかのスタッフの話から上司・先輩と話し合いをしたことがあった様ですが、逆にその先輩に辞める様に強く言われ退職するつもりでロッカーをかたずけましたが、一晩考えて好きな仕事をあきらめることはできないと思いとどまった経緯もあります。多忙な上司には殴らにごとれていること等、自分が悪いし、さらに先輩を怒らせることになるから相談できないと言っております。
 心配なのは、その先輩が何度か殴ったら罪悪感も感じなくなってきたと言われたことです。娘は4年前に交通事故で意識不明になる頭部出血のけがをしていること、今後エスカレートしていくのではと、離れて生活している親としてはうつ気味の娘の心と体が心配です。社会人ですし、親が出る幕ではないと思いますが、何かしてあげられることはないか、解決策などアドバイスいただけませんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

娘さんのお勤め先での件、ご心痛お察し申し上げます。

 

おうかがいした限りでは労働問題としてはパワハラ、警察沙汰の問題として傷害です。

上司の行為はどう考えても許されるものではありません。

本来であれば娘さん本人が、労働基準監督署へ申告する、警察へ被害届を出す、という行動が必要な状況です。

娘さんも好きな仕事、ということでこらえていらっしゃるのだと推察いたします。

 

ご相談が親御さんからであり

「何かしてあげられることはないか、解決策などアドバイスいただけませんでしょうか?」

とのご相談なので、専門家としての意見を述べさせていただけたらと存じます。

 

上述のように労働上のトラブルは労働者本人が労基署へ申告する、というのが大原則であり代理人からの申告は受け付けてもらえないケースがほとんどです。しかし娘さんご本人がそのお気持ちがない、しかし親御さんとしては心配、という現状でご相談者様が娘さんにしてあげられることは、まずよく話し合う事です。

その話し合いの中で、同業他社への転職の選択肢があるということを娘さんによくお話ししてあげてください。

好きな仕事ができる会社は、今お勤めの会社だけではないはずです。

今の会社に勤め続けることにより、恫喝や暴力を受け続けてお身体に障害を負ったり、精神疾患を発症してしまったら、何のために医療系にお勤めなのか本末転倒の結果になってしまいます。

 

娘さんが医療系で働きたい理由は、「患者さんのお役に立ちたい」「困っている人を助けてあげたい」というお気持ちなのではないでしょうか。

その娘さんが患者さんの側になってしまってはいけません。

①きちんと会社の上司等と話し合う事

②必要とあらば労基署などへの相談をする事

③他にも好きな仕事ができる会社は存在する事

 

これらをご相談者様が娘さんにじっくり話してあげることが重要です。

娘さんが今のままお勤めを続けるといい結果にはならないものと思われます。

 

上記の①~③を娘さんがきちんと理解して今後の行動を決断する、その下地をご相談者様が話し合いの中で作ってあげていただきたいと思います。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問