JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

昨年 6月より 上司三人にいきなり呼ばれ「その性格が治らない限りやめてもらわないとね~」と言われました。 色々仕事

解決済みの質問:

昨年 6月より 上司三人にいきなり呼ばれ「その性格が治らない限りやめて もらわないとね~」と言われました。
色々仕事の面でも言ってきましたが意味のわからないことが多く私と同じ職種の女性からの話をもとに話をしているようです。その人は私のことを嫌っているらしく無視 業務の制限、嫌がらせなどもしてきます。
このことは三人の上司にも報告しましたが「そうされるあなたに責任があるのだから仕方ない」と・・・結局、私を自主退職に持っていきたい様子です。
同僚からの嫌がらせも何も変わらずもう半年以上も続きストレスで体調もよくありません。
やはり辞めたらいいのかとも思います。
やっている方は「このぐらい」と思っているようですが私はとても傷ついています
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
突然3人の上司から呼び出され「その性格が治らない限りやめて もらわないとね~」と言われました。とは一体どういうつもりなのでしょうか。

ましてや三人の上司にも報告しましたが「そうされるあなたに責任があるのだから仕方ない」とは対応に問題があると言えるでしょう。

無視や業務の制限、嫌がらせというのは完全に職場のいじめでしょう。
会社には良好 な環境で、気持よく仕事ができるように配慮する必要があるとされています。
これは労働契約法という法律にも定められています。

つまり会社が本来であればいじめや嫌がらせに対してそれを無くすように配慮をしなければなりません。その配慮がされていないのであれば、嫌がらせの当人と併せて会社の責任を問うことも可能となります。

しかし会社の対応に期待出来ないとの事ですから、まずは行政を利用されてはいかがでしょうか。
労働基準監督署に総合労働相談コーナーがありますのでこちらに相談してみましょう。
会社に対して内容に応じて労働局長による助言・指導やあっせんを利用することができます。

参考までに詳しい資料を添付しておきます。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/dl/01a.pdf

愛知県労働局総合労働相談コーナー
http://aichi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/kanren_shisetsu/sougou_roudou_soudan.html

質問者: 返答済み 4 年 前.

労働基準監督署に総合労働相談コーナーも考えましたが私の勤務先は常習的にいじめや嫌がらせをしており注意を受けても私はこの先仕事をしていけるのか?と思っております。
この際、転職をしようとも考えていますがいじめ出されるのが悔しく納得行きません。


友人に相談したところ退職してから慰藉料を請求したら?とアドバイスがありましたがそんなことは可能なのでしょうか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。常習的にいじめや嫌がらせがあるのであれば、それは会社の体質であり、今後も変わることは難しいと思います。この先仕事を続けることも難しいかも知れませんね。

友人に相談したところ退職してから慰謝料を請求との事ですが、これは可能です。
ただしいじめの実態を証拠として確保しておく必要があります。

具体的にいつどのような事実があったのかを詳細にメモ、録音、ビデオ、写真などにおいて記録するようにしましょう。この記録の数が多くなればなるほど、事実としての責任を追求することができるようになります。

また慰謝料の請求先についてはいじめや嫌がらせをした本人は当然ですが、会社も先の説明の通り職場環境の配慮義務があり、それを怠った責任として慰謝料請求することができます。

実際に請求するのであれば、弁護士に相談のうえで弁護士名で請求してもらった方が効果的でしょう。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問