JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

3か月の一般派遣で2月1日から働いています。 派遣元が労働条件明示書を出してくれなかったので、請求したところ、やっ

解決済みの質問:

3か月の一般派遣で2月1日から働い ています。
派遣元が労働条件明示書を出してくれなかったので、請求したところ、やっと届きました。
残業はできる限りないところでと話していたのですが、
就業開始時には残業の説明はなかったので、残業は少ないものと思っていたら、
常勤の人たちは常態的にあり、今日届いた明示書には時間外勤務:
1か月で45時間まで、1年間で360時間までとなっていました。
社会保険も完備されるということなので、就業開始したのですが、
社会保険:資格無とされ、条件が違います。
条件が違うことを理由に雇用契約の解除をいうことは可能ですか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

当初との労働条件の相違、ご心痛お察し申し上げます。

「条件が違うことを理由に雇用契約の解除をいうことは可能ですか。」

とのご相談に対して回答させていただきます。

結論から申しますと「可能」です。

その根拠は労働基準法15条2項の

「明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。」

と定められているからです。

「明示された労働条件が事実と相違しているため労働基準法15条2項に基づき労働契約を解除させていただきます。」

と解除を申し出てください。

申出に対して会社側がらちのあかない対応をするようでしたら、ご相談中の東京労働局に、労基法15条2項での労働契約解除を申し出たが会社が対応してくれない、とご相談下さい。行政から会社に指導してもらいましょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


 


労働契約の解除を申し入れたら、派遣先に就業しなくてよいのですよね。


 


申し入れは、口頭のみでよいのでしょうか。文書を送付した方が良いのでしょうか。


 


追加のご相談で、申し訳ありませんが、契約更新の欄に「派遣先との協議により更新の有無を判断する」となっています。


こういうのも、ありなんでしょうか。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

明示された労働条件と事実が相違している場合には即時に労働契約を解除できる、という労基法条文の通りです。

なお、労働契約を解除する相手方は派遣元会社です。派遣元会社との労働契約が解除されれば当然、派遣先に就業する必要はなくなります。

申出は文書でも口頭でも構いません。ただし口頭での申し出の場合に後になって「言った」「言わない」の水掛け論になることを防ぐ意味では文書で残した方がよろしいでしょう。

「契約更新の欄に「派遣先との協議により更新の有無を判断する」となっています。こういうのも、ありなんでしょうか。」

とのご相談ですが、これは労働条件の解除とは全く関係ない事項です。

更新の有無を派遣先と協議するのはごく普通の事であって、その派遣先との更新がなされなければ派遣元は新たな派遣先の確保に努力するだけです。

派遣先が契約更新をしないことを雇止めといい、雇止め自体は違法ではありません。1ヶ月前までに予告するなどの基準を満たせば雇止めは有効です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問