JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1112
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

公共交通に従事しています 病気療養がおわり職場に復帰するのですが産業医の診断と証明を得て あとは役員の承認だけな

質問者の質問

公共交通に従事しています
病気療養がおわり職場に復帰するのですが産業医の診断と証明を得て
あとは役員の承認だけなんですが担当者から承認が遅れた場合
復帰まで有給休暇を提出しなさいと云われました。
この間は会社都合にならないのですか?
法律的にはどう解釈されるのですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
病気療養との事ですから、これまで休職をされていたということでしょうか。
通常、休職については会社が判断をした上で行われます。

同様に職場復帰についても会社が判断をした上で行われるものです。
そのため会社が職場復帰を認めるまでの期間については、 休職期間が継続していることになります。

役員の承認だけなんですが担当者から承認が遅れた場合との事ですから
先の通り会社が職場復帰を認めるまでの期間に該当し休職期間が継続しているものとして取り扱うべきでしょう。

次に有給休暇についてですが、本来労働者が申請をすることにより
その取得する権利が発生するものです。つまり会社が指定して取得をする趣旨のものではありません。

法律的な解釈についてはこの通りですが、休職期間中については通常ノーワーク・ノーペイと言って働いていない期間については給料を支払われません。

そのため健康保険から傷病手当金を受けることが多いでしょう。
ただし傷病手当金については給料の約3分の2となります。

一方有給休暇を取得するのであれば通常どおりの給料が支給されることになります。
会社としては、労働者のためということで有給休暇の消化を勧めるケースも考えられます。

繰り返しになりますが、有給休暇の取得をするかどうかについては会社が決めることではなく、労働者が決めるものです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

それでは10年遅れた場合も傷病手当が受け取れることになりますよ!!

質問者: 返答済み 4 年 前.


質問者: 返答済み 4 年 前.

健保に確認したところ専門家たる


あなたの回答は間違いでした。


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

先の専門家がオプトアウトされたので回答させていただきます。

 

法律で明確にこうなっているというのは現在、ありませんので、見解は複数あります。先の専門家の見解もありますし、他の見解もあるということです。相談者様が仰るように10年は極論だとしても、3か月とか半年とか遅れた場合、待たなければいけないのかという疑問もあるでしょう。

 

決着をつけるには裁判しかないですが、これから復帰しようというときに裁判は現実的な方法ではないでしょう。

 

明らかに言えることは有給休暇を消化しなければいけない義務はないということです。

 

有給休暇というのは就労の義務がある日を免除するというものですから、「承認が遅れた場合復帰まで有給休暇を提出しなさい」というのは就労が可能な日であると会社が認めるようなものです。一方で休職期間は承認まで続くと言い、一方で有給休暇を消化しなさいというのは矛盾しています。

 

この点を主張されれば良いと思います。

 

あともし、実際、承認が遅れるようなら、「遅れる理由」と「どれくらい遅れるのか」など聞いておき、詳細なメモ書きを残しておくとよいでしょう。後々、役に立つかもしれません。

 

この回答を作成中に健保に確認されたとのことですが、健保では傷病手当金についての回答はできても休職に関することの正しいか正しくないかを裁くことはできません。今回の件について判断できるのは裁判所のみです。

ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1112
経験: 開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

質問者の立場に立って誠実な回答ありがとうございました。
感謝してボーナスポイントを付けましたが


前の方の回答分もあなたが受け取るべきだと思います。


 


それと健保では完治している人に傷病手当を出せないということです。


お医者さんに署名をって詐欺の依頼じゃないですか?


 


結局知りたかったこと(個人都合か会社都合かは)裁判ということで得られませんでしたが.....


ネットでの質問の限界は判りました。


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

評価とボーナスポイントありがとうございます。

先の専門家はオプトアウトされて回答権とそれに伴う報酬を受け取る権利を放棄されています。ご意見ありがとうございます。

 

健保の言う通り、完治している人に傷病手当金は支給されません。もし、会社が産業医に実際は就労可能なところを、役員の承認があるまで就労できないと申請書に書かせれば不正受給の依頼となります。

 

個人都合か会社都合かの件につきましては申し訳なく思っています。

裁判になったときにどちらになるかの回答はできませんが、「遅れる理由」や「どれくらい遅れるのか」などを聞いて、それに合理的な理由が不足しているならば会社都合を主張すること自体は可能です。その主張を会社が認めて休業手当又は賃金の全額を支払えばいいのですが、認めなければやはり裁判ということになるかと思います。

雇用・労働 についての関連する質問