JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

業務上役に立つことを理由に、書籍を給引きで購入させ、レポート提出者に関しては、後日返金をすることは問題ないでしょうか

解決済みの質問:

業務上役に立つことを理由に、書籍を給引きで購入させ、レポート提出者に関しては、後日返金をすることは問題ないでしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

所得税の源泉徴収や社会保険料以外のものを給与天引きする場合には、労使協定の締結が必要となり、ご相談のケースのような購買代金についても同様です。

この場合の労使協定は、労基署への届け出は不要ですが、きちんと締結していない状況で天引きをして万が一労働者が訴え出た場合には賃金未払いの労働基準法24条違反を問われます。たとえ個々の労働者が同意していたとしても天引きには労使協定の締結が必要となりますのでご注意ください。

 

後日返金するからと理由で労使協定が不要となる事はありませんので、労働者代表(労働組合がある場合は組合)と天引きに合意する旨の労使協定を締結してから天引きするようにして下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

労使協定を結べば問題ないということでしょうか


購入させることは、違法にならないということでしょうか


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

労使協定を結べば天引きすることは問題ありません。

購入させる、という事柄は労働者個々の同意の問題です。

「買いたくない」という労働者がいて、無理やり給与天引きして購入させることは出来ません。人に無理やり物を買わせる権利は誰にもないからです。

会社として万全を期すためには労働者から「購入申込書」等の書類を提出させた方がよろしいでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.


つまり、業務命令で購入させることは、違法ですね


 

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

その通りです。

購入を強要する業務命令は認められません。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問