JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1113
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

理学療法士として働いている29歳男です。昨年4月頃から自覚してきた睡眠障害(夜寝れない、日中眠い)によって朝の遅刻や

質問者の質問

理学療法士として働いている29歳男です。昨年4月頃から自覚してきた睡眠障害(夜寝れない、日中眠い)によって朝の遅刻や業務上のミスが目立ち、今日事実上の退職を勧められました。病院には行っているのですが検査途中で確定診断がおりていない状態です。
今後の生活が不安(経済的なこと含む)でいろいろ調べたのですがよくわからない状態です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

ご相談内容を拝見させていただきました。

退職を勧められたとのことで、ご心痛お察し申し上げます。

 

会社が労働者に退職を働きかけることを「退職勧奨」といいます。

退職勧奨自体は自由であり違法ではありません。労働者も退職するつもりがないならそれに応じる必要はありません。つまり、ほっておけば良いです。気をつけたいこととしては、同意ととれるような返事をしてしまわないことです。

退職勧奨はほっておけば良いですが、退職勧奨を何回もして精神的な圧力をかけてくることがあります。この場合、社会通念で考えて退職勧奨が限度を超えている場合は退職強要となり違法となります。

 

もし貴方が退職を考えていない場合は同意しなければいいです。ただ、睡眠障害があり、朝の遅刻や業務上のミスが多かったのであれば、普通解雇又は懲戒解雇をしてくる心配があります。

 

それで、確認させていただきたいのですが、貴方のご意向としては、退職に応じることもお考えでしょうか?

 

今後の生活がご不安になるのはもっともです。

病気で会社を欠勤する場合、傷病手当金を受給できる可能性があります。また、一定の条件をクリアすると退職後も継続して傷病手当金を受給できます。この傷病手当金を詳しくご説明させていただきましょうか?

 

よろしくお願いいたします。

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧な御回答ありがとうございます。正直、上司、同僚からは睡眠障害のとらえ方が違く「だらしがない」「やる気がない」と言われ続けてきているので睡眠障害が治ったとしても今の職場では働けるかは正直不安です。


なので手当てのようなものがもらえるのであれば治療に専念し治ったところで新たな職場も探すことも考えています。


傷病手当金について教えていただけると助かります。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

情報リクエストへの返信ありがとうございます。

睡眠障害は本人の意思に反して思うようにいかないものなので、そのように上司や同僚から思われるのは辛いことだと思います。

 

それでは傷病手当金について説明させていただきます。

 

傷病手当金とは病気やけがで会社を休んで給料が出ない場合に、健康保険から生活保障として支払われるお金です。

 

傷病手当金が支給されるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

まず、健康保険に加入していることです。その上で、次の3つの条件を満たす必要があります。

 

1.病気やけがのため働くことができないこと
2.会社を休んだ日が連続して3日間あること(待期といいます)
3.療養のためであること

 

傷病手当金は連続3日の休みの後の休んだ日について、標準報酬日額の約3分の2相当(お給料の3分の2ぐらい)が支給されます(連続3日の間はもらえません)

 

今後、傷病手当金を受給するためには、確定診断が出て療養のため働くことができないという診断でしたら、診断書を書いてもらってください。そして、それを会社に提出して欠勤を申し出てください。欠勤が3日連続して続くと『2』の条件をクリアすることになります。1と3も療養のため働くことができないという診断でしたらクリアします。

 

退職後も継続して傷病手当金が支給されるには1~3に加えて次のアとイの条件をクリアする必要があります。


ア 資格を喪失する前の前日までに健康保険に継続して1年以上加入していること
イ 傷病手当金を受けているか、受けることができる状態にあること

 

アは貴方の勤続年数が1年以上で健康保険に加入していればクリアします。(勤続年数がぎりぎり1年の場合は1年以上あると思っていても健康保険の加入月によっては1年以上ではないこともあるのでご注意ください)

 

イは在職中に傷病手当金を申請していないくても大丈夫です。在職中に3日連続の欠勤+1日以上の欠勤があって療養のため働けない状態であれば実際に申請していなくても受けることができる状態なのでイの条件はクリアします。

 

在職中に無理して出勤し続けると退職後にいくら働けない状態であっても退職後の傷病手当金はもらえません。


傷病手当金は働けない状態とお医者さんが認めれば最大で1年6か月、受給可能です。

 

傷病手当金の申請手続きは在職中は会社がしてくれます。退職のことを含めて会社に相談されることをおすすめします。

 

お大事になさってください。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

傷病手当金はもらえそうでしょうか?

疑問点や不明点があれば回答させていただきますのでご遠慮なくご返信ください。

 

もし、何もなければまだ評価をいただけていませんので下記対応をお願いいたします。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

もし傷病手当金がもらえない場合、あるいは気がお変わりになって在職を希望するような場合には、退職勧奨は拒否すればいいです。

 

退職勧奨を拒否する場合は会社に遅刻はもうしないなどの頑張る姿勢を見せると受け入れてもらいやすいでしょう。

 

雇用・労働 についての関連する質問