JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

時間外手当の管理は今までタイムカードのみでした。時間外管理を適切に行うには、時間外申請書 などを提出してもらうなど

解決済みの質問:

時間外手当の管理は今までタイムカードのみでした。時間外管理を適切に行うには、時間外申請書
などを提出してもらうなど、適切な管理の方法がありましたらご教授願います。また、当社は車通勤をしておりますが、帰り道に顧客への配達をする事があります。当社は運送会社ではありませんが、
車両管理上、好ましくないと聞いたことがあります。どんな点に注意すべきでしょうか?思い切って
運送会社に任せるべきでしょうか?よろしくお願い致します
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

タイムカードがあれば出勤・退勤の時刻は把握できますので時間外手当の計算上は問題ありません。しかし後々のトラブルを回避する意味では時間外申請書を提出される方が望ましいです。

さらに万全を期すのであれば、残業が発生しそうな場合には残業を命じる上司から労働者へ残業指示書を提示するようにされてはいかがでしょうか。

最近では残業代を稼ぐために独断で無駄に残業する労働者が存在するのも確かです。本来残業とは残業命令が出て行うものですので、無駄な時間外手当の発生を抑制する意味でも残業指示書を導入されることをお勧めいたします。(簡易な形式で十分です。)

車通勤での帰路に顧客へ配達となると、事務所(事業所)を出たといってもまだ労働時間となります。顧客への配達が終わった時刻を会社側が把握できる体制があればいいのですが、その体制がないのであれば運送会社へ外注した方が確実です。

配達終了までは労働である以上、時間外手当が発生しますし、終了時刻を把握するための体制(報告を受ける従業員を配置する等)を整備するのなら、運送会社へ外注に出した方がコストは圧倒的に安く上がるものと思われます。

車両管理上でも問題があり、個人の車両といえども、業務上使用している間に発生した事故に関しては会社にも運行管理者責任が問われます。事故の全ての責任は「労働者個人にある」とは主張できませんので、会社がその責任から免れるためにも帰宅途中の労働者に配達をさせるのは避けたいところです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問