JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

会社退職時、退職届に同業他社に1年間再就職しませんという同意書に署名しました。 その場合一年以内に同業他社に再就職

解決済みの質問:

会社退職時、退職届に同業他社に1年間再就職しませんという同意書に署名しました。
その場合一年以内に同業他社に再就職した場合法律的に罰せられるのでしょうか?
教えて下さい。宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

退職時に署名した同意書の内容は、競業避止義務というものです。

競業避止義務を課した同意書は有効に成立します。ただし無制限にこのような同意書に有効性を認めてしまうと憲法で規定している職業選択の自由に抵触するため、一定の制限を設けています。

・会社の機密事項を扱っている労働者であったこと。

・会社の役員や管理者等、事業のノウハウを知見している者。

 

このような条件に該当する者は、競業避止義務を負うものとされています。

 

裏を返せば、これらに該当しない労働者は、同意書の内容に縛られることなく、同業他社への転職に何の障害もありません。

 

競業避止義務を負っている立場の者が、同意書の内容に背き同業他社への就職を行った場合には損害賠償請求をされる危険性があります。

署名した同意書に拘束されるか否かは、退職した会社でのご相談者様のお立場によって変わってくる、ということです。

 

ご心配の場合、一度労働基準監督署への相談をお勧めいたします。

お勤めしていた会社の業務内容、ご相談者様の社内でのポジション等をお話しして、労基署の見解を聴いておくのが安全です。

相手方が「同意書違反のため損害賠償します。」と言ってきても「労基署の〇〇氏に、競業避止には当たらない旨、確認済みである。」と反論できるからです。

競業避止義務の有効性は裁判で争われるケースも多々ありますので、同業他社への就職をお考えであれば、事前に監督官庁である労基署の見解を確認しておくのがベストです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問