JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

私はパートで働いています。勤務時間は9:30~16:30までですが、定時で帰れたことがありません。ここ数か月は19:

解決済みの質問:

私はパートで働いています。勤務時間は9:30~16:30までですが、定時で帰れたことがありません。ここ数か月は19:00~21:00の間まで仕事していました。会社側に定時に帰りたい何度か訴えましたが、全く改善されません。また残業代も時給のまま加算されていて、残業代は発生していません。これは違法なのか教えて下さい。  加藤 恵美子
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

 

まず、会社が労働者に残業を命じることができるには、労働契約書、又は就業規則(会社規則)に残業命令ができる旨定めてあることが前提となります。

これを反対に言えば、そのような定めがあれば会社は労働者に残業を命令することができます。

次に、残業代についてですが、労働基準法32条により、1日8時間、1週40時間を法定労働時間として定めてあります。

上記法定労働時間を超えた場合は会社は残業代の支払い義務が生じます。

この残業代の割増率も労働基準法37条により、2割5分以上と明確に定めてあります。

つまり、休憩時間を除いた貴方の労働時間が法定労働時間を超えているにもかかわらず、その超えた時間に対して2割5分以上の割増率で給与が支払われていないのであれば、労働基準法37条に反し、違法となります。

このような法律上の定めを引き合いに出して、会社に改善を求められると良いでしょう。

 

それでも改善が見られない場合は、行政に介入してもらうしかありません。

このような明らかな労働基準法違反に関しては労働基準監督署に申告することによって、会社に指導・是正勧告がなされます。

労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、会社が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問