JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

24年7月17日からグループホームに勤めていましたが、今年1月28日に辞令で2月1日付でグループホームから訪問介護に

解決済みの質問:

24年7月17日からグループホームに勤めていましたが、今年1月28日に辞令で2月1日付でグループホームから訪問介護に移動を命じられました。当日はわかりましたとこたえましたが 、2月1日朝訪問に入りました。その後事務所に経営者が来て、私の正職としての勤務が気に入らないからここに移したと言われました。内容としては、息子の結婚が2月10日に有り8日から12日までの休みがほしいと去年言った事、入居者さまの小遣いを預かるように言う預かりには管理料月1000円をもらうのを伝える事を説明用できませんといった事、職員の昼食は常勤は強制に食べるようになっていたのを、26歳の男性には持参でよいと言ったのはおかしいといった事で、(就業規則違反で解雇にあたいする。私が経営者やから言う事をきたらいい休みを取るなら辞めて取れ、改修の念をもって始末書を書いたら雇てやる謝れと1時間も言われ続けました。辞めたいです明日から行きたくないです。有休10日あります退職届の書き方を教えていただきたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.
ご相談ありがとうございます。
貴方の雇用契約はいつからいつまでと期間を定めた契約(有期雇用契約)でしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


24年5月に契約をしましたが、定年は60歳で延長有の契約です。今私は、59歳です。24年7月17日から勤務しています。新しい施設なので、収益がなかなかあがりません。必要な物を買っても金ばかり使うともいわれました。

質問者: 返答済み 4 年 前.


期間は定まっていません。65歳まではたらけます。現在59歳です

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

では、貴方は期間の定めのない雇用契約となりますので、退職については民法627条の「雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する」が適用されます。

会社によっては就業規則に「退職は1カ月前に申し出る」と定めているところもありますが、その効力は訓示的、抑止的程度の効果しかなく、会社の就業規則より民法が優先されることは言うまでもありません。

よって、退職届は提出日より2週間後の日付を退職日として提出されるとよいでしょう。

退職届は提出日と退職日と貴方の署名捺印があれば十分です。

退職の自由は労働者に保障されており、退職するのに理由など必要ありません。

どんな理由であれ、会社は労働者の退職を拒否することは出来ません。

そして、有給休暇が10日間あるということですので、有給休暇の申請書も同時に提出してください。

有給休暇に関しては労働基準法第39条に明確に定めてあります。

使用者は「事業の正常な運営を妨げる場合」は有給休暇取得日を変更させることができるのですが(これを時季変更権といいます)、貴方のように退職を予定しているものに対しては、会社が時季変更権を行使することはできないとされています。

つまり、退職日を2週間後として退職届を提出し、退職日までの日数を有給休暇に充当し出社しなくても問題ありません。

では、有給休暇で足りない4日間はどうするかと言いますと、その日数は体調不良ということで欠勤されるとよいでしょう。

使用者には労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

会社は体調不良の労働者に無理やり出社させて働かせることは出来ません。

(実際、貴方は精神的にも追い詰められているようですし、前述の身体等には精神的なものも含みます)

その4日の欠勤分の給料は控除されると思いますが、それは仕方がありません。

以上が、明日から出社しないで退職する、法律上に則った、かつ現実的な方法です。

これでも会社が何か言ってくるようであれば、行政に介入してもらうしかありません。

そのような場合は労働局、または労働基準監督署内にある総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

これを労働局長の助言・指導制度と言います。

ご参考までに貴方がお住まいの労働局の詳細URLを記載させていただきます。

http://nara-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/kanren_shisetsu/07soudan/07soudankaiketu.html#kaiketu1

貴方の職場にはいろいろと問題がありそうですので、行政が加入してきてまで、貴方の退職を拒否し、引き留めておくことはないのではないでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.


今日付けだと何日になりますか?一様週休2日と言われました

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

2週間前というのは暦日であり、会社の休日は関係ありません。

本日付で提出されるのであれば16日が退職日となります。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問