JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

お世話になります。現在私は音楽大学の非常勤講師をしていますが、講義講座の減少、レッスン価格の支払い減少(変更)により

解決済みの質問:

お世話になります。現在私は音楽大学の非常勤講師をしていますが、講義講座の減少、レッスン価格の支払い減少(変更)により生活が大変苦しくなりました。それで他の音楽大学へ就職活動をしたいのですが、それは可能でしょうか? 宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

貴方は大学と「いつからいつまで働く」というように期間を定めて雇用契約をされていますでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

毎年、3月末に非常勤講師契約書を交わしています。


(例)雇用期間は平成24年4月1日より平成25年3月31日までとする。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

まず、在職中であっても就職活動をすることは問題ありませんし、他の音楽大学であっても憲法により職業選択の自由が保障されていますので問題ありません。

しかし、次のお仕事が見つかってすぐに退職できるかという問題があります。

貴方のように期間を定めて雇用契約をしている場合は、その期間内で雇用契約を解約することは労使双方とも期間の制限を受けます。

つまり、労働者側も雇用契約を解約するにはやむを得ない事由がなければ、解約できないことになっております。

このやむを得ない事由とは一般的には病気、怪我、家庭の事情などが当てはまります。

やむを得ない事由であるか否かは個別のケースで判断されますので、貴方の講義講座の減少、レッスン価格の支払い減少(変更)などがやむを得ない事由に該当するか否かについては事前に労働基準監督署にご相談されておくことをお勧めいたします。

一方、雇用契約書に「1カ月前に申し出ることによって退職を認める」のように定めてあるのであれば、それに従って退職すれば問題ありません。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問