JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして。 転職先でのことでご相談です。 昨年10月に転職をしたのですが、 引継ぎがほとんど無く、

解決済みの質問:

はじめまして。

転職先でのことでご相談です。
昨年10月に転職をしたのですが、

引継ぎがほとん ど無く、また前任者が仕事をミスや放置をしており、
その代償が全て今自分に来ています。

前任者が退職後3ヶ月もほぼ管理者やその他従業員は解決や調査もせず
ほったらかしにしていたそうです。

そして今、自分が責任者として日々怒鳴られています。
みな自分の仕事以外はしたくないというポリシーを持っているため、
相談相手もいません。

このような場合はどうしたらいいのでしょうか?
休職したいですが、上司がそれを許さない傾向でもあります。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社での出来事、ご心痛お察し申し上げます。

 

「休職したい」というご相談がございますので、そこをポイントとして回答させていただきます。

 

休職制度というものは各社が就業規則で対象や基準を定めております。

まずは会社の就業規則を確認してください。会社は労働者に対して就業規則を周知する義務を負っておりますので、「見せない」「理由を言え」などの対応は認められません。労働者が閲覧を請求したら必ず見せなければならないのが会社の義務です。従業員10名以上の会社であれば就業規則の作成・届出義務があります。

 

就業規則に記載されている休職基準にご相談者様が合致しているのであれば、休職することができます。上司が許さない、などということは許されません。

一般的に、医師の診断書の提出や産業医との面談結果、などが休職の基準とされています。

ご相談者様の主治医が「現状、休職を要す」という診断書を発行してくれたら、それを会社に提出しましょう。

 

休職基準に合致しているのに休職させてくれない、就業規則があるのに見せてくれない、という対応であれば、労働基準監督署へ申告して行政から会社に対して指導や是正勧告をしてもらって下さい。

 

労働トラブルは当事者同士での話し合いで解決するのがベストなのですが、なかなか当事者同士では解決できないのが実情です。そのような場合には行政に介入してもらってトラブルを解消するしか方法がありません。

 

なお、申告する先は会社の住所地を管轄する労働基準監督署になりますので、ご注意ください。労基署内に総合労働相談コーナーがございますので、その窓口に「会社が休職をさせてくれないので申告します。」「就業規則を見せてくれないので申告します。」と伝えてください。

 

労働基準監督官は労働基準法違反の罪に対して司法警察官の権限を有しておりますので、調査や聴取を行い会社の違法行為を確認したら都道府県労働局長から助言や指導が行われます。助言や指導自体に法的拘束力はないのですが、司法警察官ですので改善が見られないような場合には会社を起訴する権限がありますので、会社も助言や指導に従うものと思われます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返答ありがとうございます。


 


休職の件はわかりました。


 


しかし、職場状況はどうしたらいいのでしょうか?


そちらの回答もお願いします。


 


過去の業務資料無かったり、引継ぎも無く


何をどうすればいいのか・・・。


 


そして、誰も手伝ってくれない。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

職場状況の件については業務上の事であり、法律上の問題ではないため、上司や同僚に確認をして仕事を進めていく以外にありません。

もしくは社内の相談部署に通報して実態を知ってもらい、改善を促してもらうことです。

過去の資料がなかったり引継ぎが十分でないにもかかわらず、過去の担当者がやってきたことに対して、ご相談者様に理不尽に罵声を浴びせるような行為はパワハラに該当する可能性が非常に高いです。

パワハラとなれば行政への通報や労働審判、裁判といった手段で対抗することができますが、社内業務の事は法律では解決できません。

ご相談者様が上司や他の同僚に頼んでも何も教えてくれず、何も手伝ってくれず、過去の担当者の責任をなすりつけてくる事に対して、「パワハラだと思うので、労基署への相談も考えている。」と伝える事が改善につながる可能性はあります。

「過去の業務資料無かったり、引継ぎも無く」という仕事上の事についてはここでは回答できるものではありませんのでご了承ください。

法的に問題なのは、そのような状況の中でご相談者様がいわれなき叱責を受けている(パワハラの可能性がある)という点です。

会社でのパワハラ被害についても労働基準監督署での相談が可能です。

何をどうすればいいのか、まずは就業規則の確認と労働基準監督署への相談です。そして必要であれば先の回答で申し上げましたように労基署へ申告して行政に動いてもらう事です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問