JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

転職の為、現在勤めている会社に指定の書式で退職願いを出しました。3週間前までの提出とあったので1月12日に提出し、退

解決済みの質問:

転職の為、現在勤めている会社に指定の書式で 退職願いを出しました。3週間前までの提出とあったので1月12日に提出し、退職希望日を2月1日としました。会社からは2月25日まで勤務してくれと言われましたが、転職先に2月5日から行くのでそれ以降は出社出来ないと伝えました。すると会社側から勤務できないなら無断退職とみなし退職金が半分しか出せないと言われました。退職金規定には、自己都合の場合は、80%支給、さらに無断退職なら50%支給となっていました。この退職金規定は有効ですか?また、今回の退職は無断退職にあたりますか?退職金を全額もらうことは可能でしょうか?可能な場合どのような行動をすればよいか教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

一度、同じご質問をされていて別の専門家が回答しているようです。ただ、前回の内容と異なる点があって、退職金規定を確認されたようですね。「退職金規定には、自己都合の場合は、80%支給、さらに無断退職なら50%支給となっていました」とのことなので、この部分について回答させていただきます。

 

貴方の退職は無断退職ではないので、自己都合の場合である80%支給になります。

 

今後どのような行動をするかですが、ベストなのは80%支給で計算された退職金支払の書面を交付してもらうことです。

 

また、可能であれば退職金規定をコピーさせてもらうのが良いでしょう。目的は証拠を残しておくことです。もし、コピーができなかったとしても労働基準監督署に届出があるはずなので、80%の支給でなかったときは閲覧を求めて請求の根拠とすれば良いです。

 

き然と2月5日の退職であることを主張して、80%支給を求めていけば良いでしょう。退職金規定に定められた退職金は賃金ですので、80%支給でなかったときは賃金の一部不払いです。労働基準法違反で労働基準監督署に申告してください。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

2月5日ではなくて、2月1日退職であることの主張ですね。修正させていただきます。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

無断退職とは、どのような場合ですか?


 


 

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

法律上、無断退職という言葉の定義はされていませんが、会社に対して何も言わず何の届出もせず退職するという意味になるでしょう。なので、言葉の意味からしても無断退職ではないです。

 

 

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問