JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

2/26で定年になります。継続雇用不可の不服です。所長と私2名の職場(非正規の事務員1名も居る)。半年前のヒヤリング

質問者の質問

2/26で定年になります。継続雇用不可の不服です。所長と私2名の職場(非正規の事務員1名も居る)。半年前のヒヤリングで継続希望と回答。所長に言われ定年の3ヶ月前に雇用願いを社長宛に提出。定年の2ヶ月前に面談を営業部長、所長と3者で2回持った。雇用願いは受け取れない。円満退職してほしいと営業部長、所長にいわれた。理由は労使協定の著しく人事評価が悪くない者にあたらないため。評価は上からA、B、C(中間)、Cダッシュ、D、Eで
あり、冬の賞与の評価はE。評価期間のうち9・10・11月は継続雇用の意思表明した後の期間。上司として意思表明した後継続雇用が可能なよう に、助言、指導があってほしかったが、なかった。協定を結んだときの労組委員長に聞いたところ希望者は全部OKにするが前提で、素行不良などの場合のみだめという解釈であったとのこと。AからEの文字カードだけ賞与明細の中に入っている。評価後の面談など所長からは無い。こちらからCダッシュ、のあとDがついたときなど聞くようにしているが、向き合ってこたえる気が無い。(お互い机に座って落着いて話してない。)自分だけで決めているのではない。他部門の部長さんの反論もないとはぐらかされているようである。明確な2度としてはいけないなどという表現もないため、具体的行動に結びつけることができにくい。これでは評価する側が不誠実ではないかと、疑っている。労働組合は私が組合員でない(営業所の人は組合に入れない規定がある)ため間に入って協力できないとのこと。1ヶ月前まで日が無いので相談します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

会社のあいまいな対応、ご心痛お察し申し上げます。

 

ご相談のケースのように、労使で認識や見解の相違で労働トラブルとなり、当事者同士で解決が図れないような場合では、「あっせん」や「労働審判」といった個別労働紛争解決手段を利用して解決を図る事となります。

あっせんの場合には、相手方は不参加を選択することができます。つまり会社が、ご相談者様の申し立てたあっせんに対して「不参加」を選択するとあっせんや行われないまま、何もなく終了となります。

既に各方面から助言もあったかも知れませんが、相手方を強制的に話し合いの場へ引きずり出すには「労働審判」を利用されるべきです。

 

【労働審判】

労働審判は地方裁判所に申し立てを行います。申し立てをすると、労働審判官(裁判官)と労働審判員(弁護士などの専門家)が労使双方の主張を聴き、証拠の確認を行い、原則3回以内の審理で、調停や審判で解決を図ってくれる国の制度です。

裁判ではありませんので、弁護士を依頼する必要はありません。当事者には参加義務があるので、労働者が申立てをすれば、会社側は労働審判への参加を拒否できません。

調停や審判に双方が合意して和解すると、その内容は裁判の判決と同等の効力を持ちます。

提示された審判に最終的に労使双方もしくは片方から異議申し立て(その審判は受け入れられない、という不服)がなされると労働審判は打ち切りとなり、通常の訴訟に自動的に移行する、という仕組みです。

ご参考までに、裁判所ホームページの労働審判のURLを添付させていただきます。

<労働審判制度とは>

http://www.courts.go.jp/saiban/wadai/2203/index.html

<労働審判手続き>

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

<労働審判手続きの必要書類>

http://www.courts.go.jp/saiban/qa_minzi/qa_minzi_48/index.html

 

 

なお、ご相談を拝見したところ「1か月前」というのは会社が継続雇用の結論を出す期限であるようですので、ご相談者様が何らかの結論を出す期限ではありません。

その期限までに会社が回答を行わなかったり、回答があったが内容がとても受け入れられるものではない場合には、労働審判の申立てをされるのがよろしいかと存じます。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

専門家としてご質問に全て回答させていただきましたが、回答にご不明な点がございましたでしょうか?

回答にご不明な点がございましたらご返信いただけたらと存じます。

恐れ入りますが、下記備考欄をご覧いただき、お手続きをいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問