JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

remember2012に今すぐ質問する

remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

クラブホステスです。罰金として引かれた給料の返金を申し出たいので、可能かどうか、また可能な場合の店への対応方法を教え

質問者の質問

クラブホステスです。罰金として引かれた給料の返金を申し出たいので、可能かどうか、また可能な場合の店への対応方法を教えてください。
また、罰金として額が正当化も知りたいです。

日給23,000円、10日勤務し総支給額は230,000円のところ、
罰金が115,000円でした。
明細はわかりません。

入店の契約時に店側からは入店月の売上金を提示されましたが、罰金やペナルティの条件についての説明は一切受けていません。

当方は店から提示された売上額は達成しております。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.

ご相談ありがとうございます。雇用・労働カテゴリ専門の社会保険労務士です。

早速、回答させていただきます。

まず、使用者(お店)が労働者に対する罰則として減給(罰金)を行うには、その旨(対象事由、金額等)が就業規則(会社規則)に定めてあることが必要です。

そのような就業規則が貴方の職場にはありますでしょうか?

なければそもそも減給することは出来ません。

仮に、そのような定めがしてあっても、その額については労働基準法第91条「就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない」と制限されており、いずれにしても貴方の会社(お店)の行為は違法となります。

このように、賃金は労働者にとって重要な生活の糧でありますので、労働基準法には賃金が確実に労働者に支払われることを確保するための明確な規制が設けられています。

よって、お店の行為の違法性を主張し、返金を求めればよいのですが、貴方がお勤めの業界では、そもそもお店が労働基準法を守るつもりがないところが多いようです。

貴方が直接返金を求めてもお店が応じてくれないのであれば、会社の住所地を管轄する労働基準監督署に申告するしかありません。

このような明らかな労働基準法違反に関しては労働基準監督署に申告することによって、会社に指導・是正勧告がなされます。
労働基準監督官は司法警察職員としての権限も持っていますので、使用者が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することもできます。

この際のアドバイスとして、労基署の相談窓口は一般に非常勤の労働相談員が対応しており、単なる相談と受け止められた場合は、自助努力が強調され具体的な救済の動きにつながらないことがあります。

あくまで正式な「申告」であることを告げてください。

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


とてもわかりやすかったです。


 


就業規則の有無はわかりません。


しかし、あったとしても罰則にはならない、115,000円という額は違法ということですね。


支払う義務はないということがわかり安心いたしました。


 


店には罰金の内訳明細の明示と説明を求めましたので、就業規則も有無も確かめます。


 


と共に、違法であることを主張し、拉致が開かない場合は労働基準監督署


へ申告すると店側に話してみればよいですね?


 

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.

ご返信ありがとうございます。

就業規則は常時10人以上の労働者(アルバイト等を含む)がいる職場は作成義務があります。

(労働基準法89条)

反対に言えば、10人未満の職場は作成義務はないのですが、今回のように労働者に罰金などの制裁を与える場合は10人未満であろうと就業規則を作成しておくことが前提となります。

貴方が仰るように今後も今の職場での勤務継続をお考えであれば、まずは労働基準法上の定めを引き合いに出し、返金を求め、場合によっては労基署に申告することを伝え、当事者間での解決を目指されるとよいでしょう。

それでも会社が応じないのであれば実際に申告してください。

remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験: 社会保険労務士
remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


まずは店との間で解決できるようにしてみます。


 


なお、就業規則ですが店で作成されていれば労働省(で正しいでしょうか?)に届出がなくても認められるのでしょうか。


届出が必要な場合、店側は罰金等発生しますか?


 


それから日給は売上額によるスライド制と契約しました。決められた売上額に達しても日給が上がらない=スライドされていない場合も、店に正しい額の給料を求めることはできるのでしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.

労働者が10人未満の職場では就業規則の届出義務はありません。

ちなみに労働省ではなくて、労働基準監督署と言います。

仮に10人以上であれば届出義務があり、届けていない場合は労働基準法120条の定めにより、30万円以下の罰金になります。

この場合、その就業規則が有効か否かは労働者に周知(いつでも見れる状態、場所に置いてある)されていたかどうかによって判断されます。

>売上額によるスライド制、とは歩合給のことですね。

売上額に達すれば(売上額に応じて)日給を上げるという契約をしていれば、当然使用者はそれに従って給料を支払う義務がありますので、正しい額の給料を求めることができます。

要はどのような内容の契約をしていたかです。

質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


 


よく理解できました。


契約内容に反するものすべて、歩合給についても求めます。


また何かありましたら相談させていただきます。


ありがとうございました。


 

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.

こちらこそ、ありがとうございました。

ご相談者様にとっていい方向で問題が解決することを心よりお祈りしております。

質問者: 返答済み 3 年 前.

続きで質問をさせていただいてよろしいでしょうか。


 


結論、店のオーナーに返金を拒否れました。次なる手段に出たいと思います。手段についての相談です。


 


労働基準監督署へ申告する方法を教えてください。


①昼間別の仕事をしており窓口の開いている時間に直接出向けません。


そろえたほうがよい書類等もあるようなのですが、どのように申告すればよいでしょうか。


 


②労働基準監督署で悪質と判断された場合でも、注意喚起を促すのみのケースが多いと聞きましたが、申告したことで罰金支払いの効果はどの程度あるのでしょうか。また罰金を支払わない場合、店に科せられる罰金など法律にありますか?


 


③労働基準監督署の効力がない場合、返金を求めるには他にどのような方法がありますか。


 


幹部の対応について


①オーナーに話を通したクラブ幹部(私の入店の責任者)は、違法と認め私の主張の正しさを理解しており自腹で罰金の半額を返して詫びるといいました。しかし、受け取りに行くと言ったら払わないと言い出しました。これは口約束で無効になるのでしょうか。それとも払うべき=有効なのでしょうか。


 


 

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.

こんにちは。

こちらのサイトのルールでは追加の質問をする場合には、新たに金額を提示して新たに投稿していただくことになっております。

但し、今回に限り、前回の補足として回答させていただきます。

①昼間別の仕事をしており・・・

労基署への申告は原則、労基署へ直接出向いて申告書に必要事項を記入して行う必要があります。

(申告についての相談等であれば電話でも受け付けてくれます)

特に決まった必要書類というものはありませんが、労基署も職場に対して何らかの対応をするには職場が労基法違反をしているという証拠が必要ですので、一般的には労働契約書、給与明細、何時から何時まで働いていたいうことが分かるもの、などがあると労基署もすぐ行動に移しやすいようです。

もしこれらのものがなければ個別に労基署の担当者にご相談されるとよいでしょう。

②労働基準監督署で悪質と判断された場合でも・・・

確かに労基署は職場に対して賃金の支払いを強制することはできません。

よって、先の回答で述べさせていただいたように、使用者が是正勧告に従わず、その意思も見られない場合は地方検察庁に送検することができるのです。

賃金の(全額)不払いは労働基準法24条違反となり、これも30万円以下の罰金が定められています。

③労働基準監督署の効力がない場合・・・

労基署の指導・是正勧告にも従わない、労基署もそれ以上の対応をしてくれないのであれば、労働審判制度というものがあります。

労働審判制度とは平成18年4月からスタートした制度で、裁判所において、原則として3回以内の期日で、迅速、適正かつ実効的に解決することを目的として設けられた制度です。

裁判官である労働審判官1人と労働関係に関する専門的な知識経験を有する労働審判員2人とで組織する労働審判委員会が審理し、適宜調停を試み、調停がまとまらなければ、事案の実情に応じた解決をするための判断(労働審判)をします。

訴訟の解決期間は短いケースでも1年足らず、長い場合は2~3年かかるのに対して、労働審判は3カ月程度で解決します。

費用も数千円から数万円程度で利用できます。

ただ、労働審判制度はご自分でできなくもないのですが、やはり手続きをスムーズに確実に行うには弁護士に依頼することをお勧めいたします。

但し、この場合弁護士報酬も必要となってきますので返金されない金額を考えると割に合わない可能性が高いです。

ご参考までに労働審判URLを記載させていただきます。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

労働審判制度の利用以外に、弁護士名で内容証明郵便による請求方法もあります。

内容証明郵便に法的効力があるわけではありませんが、弁護士の名前と内容証明郵便という方法で、相手に対してプレッシャー(こちらの本気度)を与えることができます。

内容証明郵便だけを依頼するのであれば、費用も安くすみます。

>幹部の対応について

口約束でも契約は成立しますが、書面で残していない以上、「そんなことは言っていない」というのが目に見えており、貴方も幹部がそのような約束をしたことを第三者に主張するには証拠がないとできません。

質問者: 返答済み 3 年 前.

何度でも質問できるというコースを選択して会員となった認識でおり、


大変失礼いたしました。


にもかかわらず親切で丁寧なご回答ありがとうございました。


よく理解できました。


次回はルールを確認して質問させていただきます。


よろしくお願いいたします。


 


 

専門家:  remember2012 返答済み 3 年 前.

働いた分の給料をもらうのは労働者としての当然の権利ですので、よく分からない理由で減給されるのは絶対に許されるべきことではないと思います。

問題が早期に解決するといいですね。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • remember2012

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    818
    社会保険労務士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SI/sin4864/2011-8-18_02555_100909174435.64x64.jpg sin4864 さんのアバター

    sin4864

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    279
    労働問題の専門家として23年の経験がある特定社会保険労務士です。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MR/Mr.K6307/2011-8-28_81237_6C53.64x64.jpg Mr.K6307 さんのアバター

    Mr.K6307

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    76
    2007年 愛知県立大学外国語学部卒業 2007年〜トヨタ系部品メーカー勤務 2010年 社会保険労務士試験合格 2011年〜某社会保険労務士法人勤務
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YS/yspop2000/2011-10-20_222210_DSC4088.64x64.JPG yspop2000 さんのアバター

    yspop2000

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    29
    元労働局総合労働相談員、相談経験豊富。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EN/enas1103/2011-8-28_142524_2010101623.08.19.64x64.jpg ena0725 さんのアバター

    ena0725

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    7
    平成17年度社労士試験合格。19年社労士登録。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tokyoyuka/2011-10-28_23118_SH3L00053.64x64.jpg tokyo-yuka さんのアバター

    tokyo-yuka

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    4年生大学卒 日本年金機構の職員を経て2010年開業登録 現在も年金相談窓口業務を担当 その他スクール社労士科講師など
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/TO/tondensr/2011-10-24_8272_bigshirt.64x64.jpg beallears-sr さんのアバター

    beallears-sr

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    86
    法学部卒業
 
 
 

雇用・労働 についての関連する質問