JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

用件:利益還元金の未払い(採用内定通知書には利益還元金は無だが、その後の労働条件通知              書には利益還元金が有となっていたが未払い) 平成24年01月

解決済みの質問:

用件:利益還元金の未払い(採用内定通知書には利益還 元金は無だが、その後の労働条件通知
             書には利益還元金が有となっていたが未払い)

平成24年01月25日 前職場就業中に現職場から就業の依頼(前職の給料と同等かそれ以上の話)
平成24年01月26日 前職場に退職受理(平成24年03月31日付)
平成24年01月27日 現職場に平成24年04月01日より勤務以降伝える。
         ※電話上で平成24年01月25日の話しより前職場の年収100万の減額提示
平成24年02月01日 前職場の給料減額(年収で約50万減額)にて内定(採用内定通知書)
平成24年04月01日 現職場に入職し業務開始(採用内定通知書の金額にて就労開始)
平成24年05月14日 労働条件通知書(兼 労働条件同意書)に捺印
         ※利益還元金は採用内定通知書には含まれないが労働条件通知書に含まれた。
平成24年12月15日 新たに結んだ労働条件通知書(兼 労働条件同意書)に含まれた
          「利益還元金」の支払いなし。また説明もなし。
平成25年01月14日 インターネットで見つけた法律家に相談

知りたい内容:利益還元金は当初ない契約で捺印。その後に利益還元金は有での契約。ただ単に
       間違いで済む問題なのか?また請求は妥当なのか?採用内定通知書と労働条件通知
       書のどちらを信じたらよいのか?私としては説明なく両方の通知書に捺印し最新の
       契約内容である労働条件通知書通りに支払いをしてほしい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

ご相談の「利益還元金」ですが、その支給基準がわかりませんが、名称から推測するに、会社が利益を上げた場合や、労働者が利益を上げた場合の出来高(インセンティブ)の賃金ではないかと思われます。

その内容については会社にご確認いただくしかありません。労働条件に含んでいる以上、会社はそれがどのような内容なのかを説明する義務があります。

ご相談で、採用内定通知書と労働条件通知書のどちらを信じたらよいか?とございますが、雇用契約は労働条件で決定します。そのためご相談者様は利益還元金の対象の労働者であると判断できます。

 

利益還元金の内容を確認して、ご相談者様が本来であれば対象者として支給される労働者であるにも関わらず支給がされていないのであれば会社は賃金未払いの違法行為を犯していることになります。

 

賃金未払いという労働基準法違反の監督官庁は、労働基準監督署です。

利益還元金の説明や、その支払いについて明らかに会社の違法行為であることが確認できたら、労働基準監督署へ申告することです。労働者からの申告により労基署は調査や聴取を行い都道府県労働局長から助言や指導が会社に対してなされます。

 

ご注意いただきたいのは、

①申告する先は、会社の住所地を管轄する労働基準監督署であること。

②労基署では「申告します」と明確に伝えてください。ただ「相談に来ました」では、話を聞くだけで終わってしまうケースも少なくありません。労基署という行政機関を動かすためには「申告」であることをきちんと伝える事が重要です。

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

親切丁寧な御返信ありがとうございます。


利益還元金に関しては会社(施設)が利益を得た際に年2回を目安に賞与の別名として支払われているもののようです。御指摘の通り会社に「利益還元金の確認」をするしかないです。しかし私以外では「利益還元金の有」にて支払われています。そこで気になる点が2個あります。


①労働条件通知書の記載ミスと言われた際に、そのまま納得せざるを得ないのか???ミスで済まされる問題なのか???納得いかない時は労働基準監督署に申告すれば支払いして頂けるのか???


②会社(施設)に「他者と同じ記載の利益還元金であるにもかかわらず私だけ内容が違う」と言われ却下される可能性もあるのか???その際は労働基準監督署に不服申し立てとして申告可能なのか???


お教え頂きたいです。

専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

利益還元金の件、そのような内容ではないかと思っておりました。実質は賞与ですね。

会社が利益を得たら支払われる、というものであり、他の労働者に支払がなされているのであれば、ご相談者様にも支払われてしかるべきであります。

内定通知書は労働契約の書類ではなく、労働契約の書類はご相談者様の場合は「労働条件通知書」になります。労働条件通知書に記載がされているのであれば、それが労働条件です。

記載ミスである、と会社が主張した場合、それが妥当性のある理由なのか、その判断をいてもらうためにも労働基準監督署へ賃金未払いの申告をする必要があります。ミスで済まされる問題なのか、それを判断するのが労働基準監督署であり、労働審判や裁判です。

ただ単に、

会社側「記載ミスです。」  労働者側「労働条件通知書に書いてある。支払え。」

と言い合っていても堂々巡りです。当事者同士の話し合いで解決するのであればベストですが。

堂々巡りの水掛け論に結論を出すには第三者の判断や介入が必要です。

話し合いで解決しなかったら、労働条件通知書をお持ちになって、労働基準監督署へ申告して下さい。そこで判断が下されます。

労働基準監督官は労働基準法違反の罪に対して司法警察官の職務を行う、とされておりますので、極論すれば会社を起訴する権限も持っています。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問