JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

A県の某B大学病院の医局の指示に従って地方の勤務医を10年ほど務めております。地方の病院では、医師独特の当直勤務とい

解決済みの質問:

A県の某B大学病院の医局の指示に従って地方の勤務医を10年ほど務めております。地方の病院では、医師独特の当直勤務というものがあり、連続32時間勤務が頻回にあります。 このため、今後、地方の病院より都市部の病院に移りたいと思っております。地方の病院の院長、理事長には退職の旨を説明し、理解を得ております。また新しい都市部の病院にも了承を得ております。ただ、某A大学病院の医局の許可は得ておらず、今後、医局の指示に従わず辞めることを決めたことはどういうことなのか説明する責任があるとのことで、某B大学病院に来院するよう求められました。このため、某B大学病院に近日訪れる予定です。以前、某B大学の医局の先生からは、「医局の指示に従わないということはどういうことかわかってるのか。某B大学病院の関連病院をすべて敵に回すことになるぞ。A県では働けなくなると思え。」などと言われたことがあります。
 ただ、疑問な点として、そもそも法的に医局という存在がみとめられているのか、法的に医局という存在が認められているのだとしても病院と医師との間の契約に命令を出すような権限があるのか、仮に権限があったのだとしても退職をする労働者に報復することを脅迫のような形ですることが法的に認められているのかどうかといったことがあります。
 ご多忙中誠に恐縮ですが、可能な範囲でご教授いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

労働契約の問題とは事業主と労働者の間の問題、すなわちご相談のケースで言えば、病院とご相談者様の間の問題です。そこの間の雇用問題に医局が命令を出す権限はありませんし、ましてや退職する労働者に脅迫をすることが認められているわけがありません。

 

ご相談者様の方がお詳しいとは存じますが、医局とは政党でいえば派閥です。派閥が病院経営等に意見や口出しをしている、という状況なのです。

派閥ですから、法的に認められているというわけではありませんが、逆に違法とする根拠もありません。

 

明らかなのは、医局が労働者の雇用契約に口出しする法的権限はない、退職する労働者を脅迫する法的権限はない、という点です。

ただし医局という組織の影響力は非常に大きいものがあるでしょうから、就業妨害等が行われるようであれば、労働基準監督署など行政機関の介入を促して解決することが望ましいでしょう。閉鎖的なコミュニティでしょうから内部で解決するのは非常に困難だと思われます。

 

外部の権限のある官庁に介入をしてもらい解決するのが現実的な対応だと言えます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問