JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

退職トラブルについて義務と権利について質問します。 派遣元との派遣契約書では、一か月前に申し出るとなっています。 最悪でも、2013/1/31迄に円満に退職できると思っていたの

解決済みの質問:

退職トラブルについて義務と権利について質問します。
派遣元との派遣契約書では、一か月前に申し出るとなっています。
最悪でも、2013/1/31迄に円満に退職できると思っていたのですが、混乱しています。
派遣元は、仕方ないとの理解をしてくれています。
就業先が、異議を主張しているようです。派遣元と就業先との調整が難航しています。
今後の展開が心配です。
派遣元へは、二か月前には退職の可能性有りの予告、一か月前には退職願い提出の意志 表示をしました。
派遣社員として2012/7月より、派遣先で就業しています。
2012/9月に契約延長2013/3末となっています。
退職したいとの思いから、派遣元には2012/12初に退職を思案中との報告をしました。
2012/12/28に派遣元へ退職願いを口頭で伝えました。
退職願いに記載する退職日の決定の相談もありましたから・・・。
正社員として大企業に37年勤務(58才)した事が影響しているでしょう。
派遣社員としての立場での就業にストレスが溜り、不眠状態になったり、耳鳴りが発生しています。
健康を害してまで働く必要がない中高年ですから、退職を決意しました。
私としては正当な理由が有り、無理なく退職願いをしているのですから、2013/1/31迄には退職できて当然と考えています。
[質問]
①間違った解釈をしていますでしょうか?
②退職願いを聞き入れてくれない場合の対処方法はありますか?

*アドバイスを宜しくお願い致します。
                                      兵庫県 設計技術者
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

まず、以下の点についてお伺いできますでしょうか。

①派遣元との派遣契約書では、一か月前に申し出るとなっているとのことですが、「書面で申し出る」のようにはなっていないでしょうか?

②派遣社員としての立場での就業にストレスが溜り、不眠状態になったり、耳鳴りが発生しています、ということですが、病院などには行かれましたか?

③2012/12/28に退職理由を説明されたということですが、退職理由は健康上の問題を伝えられたのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.


①書面とは記載されていませんし、派遣元も要求していません。直接面談でも   


 伝えています。 申し出は、真摯に受け止めてくれています。


②病院へは行っていません。


③健康上と金銭面ではなく、ささやかでもやりがいが感じれる仕事希望で派遣社員になった事を理解してくれていますから、私の申し出は受け入れてくれています。


*問題は、就業先が派遣元の上顧客ですから、調整に苦慮しているようです。


 


 


 

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

まず、貴方は派遣元と有期労働契約を締結している状態です。

退職に関しては労働基準法上に定めはなく、有期労働契約の解除については民法628条が適用され、契約期間中は、やむを得ない理由がある場合を除いて、使用者からも労働者からも契約を解除することが出来ないのが原則です。

病院に行かれたのかをお伺いしたのは、上記のやむを得ない理由というのは労働者の病気、怪我、家庭の事情等が当てはまるからです。

そして、病院の診断書があれば、このやむを得ない事情を主張して退職する方法もあったからです。

但し、貴方と派遣元との間の雇用契約において、退職に関する定めをした際は、その定めに従えば問題ありません。

つまり、雇用契約上に1カ月前に申し出れば労働契約を解除できる旨が定めてあり、その申し出も書面による申し出と定めてなければ、2012/12/28に退職願を口頭で派遣元に通知したことによって、2013/1/31に退職できるというご相談者様の解釈は正しいのです。

もっとも、書面による申し出を求めていない場合であっても、後々言った言わないのトラブルを避けるために書面によって申し出るに越したことはないのですが。

就業先が、異議を主張しており、派遣元と就業先との調整等をご心配されているようですが、派遣元と就業先との関係(派遣契約)はあくまで派遣元と就業先との関係(派遣契約)であり、貴方には関係ありません。

派遣元に雇用契約上の定めに従って退職を申し出ていれば、貴方の代わりに派遣労働者を就業先に派遣するのは派遣元と就業先の派遣契約上の派遣元の義務であり、派遣元が貴方の代わりの派遣労働者を就業先に派遣できなくても、貴方が就業先から責任を求められることはありません。

また、就業先が貴方の退職を認めないということもできません。

(貴方の退職について口出しすることは出来ません)

 

円満に退職するには当事者同士で話し合いによって解決するのが一番ですが、それでも退職願いを聞き入れてくれない場合は行政に介入してもらうしかないでしょう。

このようなことは労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談ができます。

相談内容によって会社に対し都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

これを労働局長による助言・指導制度といいます。

ご参考までに東京労働局の助言・指導制度の詳細URLを記載させていただきます。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/2.html

貴方は雇用契約上の定めに従って、退職を申し出ているのですから、会社(派遣元)は貴方の退職を認めざるを得ません。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたでしょうか?

あればご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

サイトルールを守ってのご利用、何卒よろしくお願いいたします。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問