JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

はじめまして。 私は飲食店の店長を勤めておりますが、辞めたくて仕方がありません。 ・売上げが悪いと他店舗を手

質問者の質問

はじめまして。
私は飲食店の店長を勤めておりますが、辞めたくて仕方がありません。

・売上げが悪いと他店舗を手伝わさせられる
・仕入れと売上げのバランスが悪いとゴミのように暴言を浴びせられる

まるでヤクザのような経営方針に嫌気が差し、半年前に辞めたいと言葉で社長に意思表示をしましたが
店が赤字なんだから、店長である私に責任をとれとのことです。
つまり社長が望む金額でのお店の買い手を見つけてくるか、後釜を見つけてこい とのことです。
念のため辞めたいと相談した際、ボイスレコーダーで会話録音しております。

まさか友人にこのような会社を紹介する訳にもいかないし
まして社長が望む金額での買い手なんて見つけられる訳がありません。
もう滅茶苦茶です。というかヤクザです。

仕方が無いので、仕事を続けておりますが納得がいく訳がありません。
以降は私の存在が気に食わないみたいで、すぐに罵声を発するので相談する気にもなれません。
どうすればよいでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

はじめまして。雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

社長から後釜を見つけてこいとか、暴言等を受けているとのこと、ご心痛お察し申し上げます。

 

会社との契約が「雇用契約」という前提で回答させていただきます。

 

雇用されている者が「社長が望む金額でのお店の買い手を見つけてくるか、後釜を見つけてこい」という要請に応えなければいけない義務はありません。次を探すのは会社の責任です。

 

引き継ぎは必要です。もし、引き継ぎしなければ損害賠償請求される恐れがあります(会社の請求する金額通りを払わなければいけないということではありません)

 

ただ、引き継ぎをするにも人がいなければできません。次の人を探す義務は労働者側にはありませんが引き継ぎは必要です。では、会社が次の人を用意しなければ永久に辞めれないかというとそうではなく、余裕をもって退職の意思を伝えて辞めれば良いです。

 

労働者には退職の自由があります。民法627条により、原則として退職日の2週間前に退職の意思表示をすれば良いことになっていますが、店長というお立場からすれば、退職日の1か月以上前に意思表示をすれば良いです。

 

余裕を持って退職の意思表示をすれば次の人を会社が用意せずに引き継ぎができなくても責任はないです。

 

法的にはこうなっています。今後の対処法ですが、まず内容証明郵便を送る方法があります。内容は「退職の自由があること」「いつ辞めるということ(退職日)」「次の人の用意のお願い」「引き継ぎをする用意があるということ」「次の人を用意しなくても辞めるということ」「暴言をやめるように」などです。

 

内容証明は労働問題に詳しい弁護士か司法書士に依頼するほうが良いでしょう。弁護士や司法書士なら誰でも労働問題に詳しいわけではありません。料金は司法書士のほうが安くなると思います。

 

 

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご返信有難う御座います。


 


辞表を用意しておりましたが、一筋ではいかないと思い


内容証明にて郵送を検討しておりました。


 


面倒な相手ですから出来るだけ大事にはしたくなかったので


他に手段は無いものかと考えておりましたが


やはり正攻法で意思表示をしっかりしようと思います。


 


司法書士さんを勧めてくれる等、細かい配慮も頂き有難う御座いました。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。

 

評価とご丁寧なお返事ありがとうございます。

 

退職の意思表示してから半年経過していて、相手側の反応からすると内容証明郵便を

送るのもやむを得ないでしょう。

 

労働問題の解決手段として、労働局のあっせん制度や労働審判という方法もありますが、今回のケースでは内容証明郵便が最有力です。

 

ご相談の件が上手く進むよう願っております。

雇用・労働 についての関連する質問