JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1098
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

2年間上司のパワハラ(暴言、仲間外れ)を受けてうつ病になり休職しました。 上司の問題について組合と人事部に相談しま

質問者の質問

2年間上司のパワハラ(暴言、仲間外れ)を受けてうつ病になり休職しました。
上司の問題について組合と人事部に相談しましたが、いずれも動いてもらえなかったので、
上司と会社を提訴する予定です。

訴えたい対象の上司は部長と課長の2人います。
部長については、部長が私に対して度々暴言を吐いたのを聞いたと証言してくれる方がいますし、
仲間外れにされたことを示す物証(座席表、私が部 長に送った苦情メール等)も残っています。
しかし課長に関しては、何度も暴言を吐かれたものの全て会議室だったので、
言った・言わないでうやむやにされそうです。

ただし課長は、私以外の部下に対しては皆の前で暴言を吐いていました。
私はそれを見たことで恐怖感を抱き、病状が悪化しました。
このように、自分自身が直接パワハラを受けたのではない場合でも
パワハラで訴えることはできるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

雇用・労働カテゴリ担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

過去の裁判例で、直接受けたわけではない行為がパワハラと認められた例はあります。

 

その裁判は、「夫の部下に対する上司のパワハラがうつ病による自殺の原因」として、妻が訴えたものです。その上司は人前で感情的、攻撃的に夫の部下を叱責したとのことです。

 

ただ、裁判例があるからと言って、貴方の場合も同じように認められるかというとそうではありません。うつ病の悪化とその皆の前で暴言を吐いた行為の因果関係が認められるかどうかが問題となります。

 

しかし、過去のご相談と今回の内容からすると既に訴える準備をされているようなので、その中で主張されれば良いです。認めるかどうかは裁判所しか判断することができません。何も主張しなければ認められることはないので、その皆の前で暴言を吐いた行為の内容を正確に裁判所に伝えられるようにメモなどに書いて準備することが大事でしょう。

ekotaeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問