JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

自分は美容室でパートで働いています。労働契約書をマネージャーから渡され、サインしました。9:00~18:00  時給

質問者の質問

自分は美容室でパートで働いています。労働契約書をマネージャーから渡され、サインしました。9:00~18:00  時給¥1000 休憩1時間 といった内容のものだったらしいです。そんなもの書いた記憶はありません。忘れているだけですけど。 会社に行ったら PCの出勤の欄 にチェックを毎日入れていました。それから3年がたち マネージャーが 新しく変わりました。そこで 問題が発覚。毎日まじめに一生懸命働いてる私に向かって、新しいマネージャーは あなたは 横領しているのよ。といいました。 その訳は 朝 9:00からではなく、9時30分から出勤していたし、休憩も1時間とっていたからなのです。8時間分の給料が発生してて、実際の労働時間は7時間半です。前のマネージャーは 架空の30分をつくっていてくれてて 本人は それを全くしらぬまま 今 はじめて 指摘され 横領だ、会議にかける、どう処分するかと 言われています。私のほかにあと3人も同じパートがいて、みんな 30分の横領だといわれ、精神的苦痛に苦しんでおります。前のマネージャーが 今は 1店舗の 店長になっているので 責任を感じ、会社から請求出してもらい、4人分の横領した金額を払っていくと 言ってくれています。
それは とてもこころ苦しくて 相談させていただきました。
この 架空な30分は 2年分 会社に返さなくては いけないと マネージャーが言っています。
これは 横領なんですか? 払うべきなんでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

貴方と他のパートの方は時給1,000円で8時間分の給料をもらっていたということで間違いありませんか?

また、>忘れているだけですけど、とありますが実際にそのような契約書はあるのですか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

私は¥1060  ほかの人は多少の差があります。¥1000~¥1100


 


手元にはないです。でも 確かに 労働契約書はかわしてあると 前のマネージャーに確認済みです。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

では、まずその労働契約書を見せてもらってください。

そして、そこに9:00~18:00  時給¥1000(貴方の場合は1060円ですか) 休憩1時間としてあり、貴方が実際に働いていた時間が9:30~18:00で30分多く給料を受け取っていたのであれば、貴方はその分を返還する必要があります。

会社は民法703条の不当利得返還請求権があるからです。

過去の判例でも会社が過去2年間に従業員に払い過ぎていた給料の返還を求めた際の従業員の「計算間違いは会社の責任であるから、いったん支払いを受けた以上、返還する義務はない」という言い分は認められず、会社側の主張を認めました。

但し、これは横領とは全く異なります。

また、これはあくまで判例上のことですので、まずは当事者同士で話し合って解決すべきことです。

会社が話し合いに応じない、新しいマネージャーが「横領だ」などの発言をこれからもしてくる、このようなことがあれば行政に間に入ってもらうことをお勧めいたします。

このような場合は労働局のあっせん制度を利用されるとよいでしょう。

あっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。

双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。

簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。

ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。

全国の労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談、申し込みができます。

ご参考までに貴方のお住まいの労働局の相談窓口URLを記載させていただきます。

http://osaka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/hourei_seido/what.html

このような制度を利用して話合いで解決すれば2年分すべてを返還することはないでしょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました・


横領だ。横領だ。と言われ、心がボロボロになり、胃がシクシク痛み、体もココロもボロボロになるところでした。


11月の中旬に発覚し、新しいマネージャーは これは横領なので


はやく 労働契約書を書き直しなさい。そしたら 本社には内緒にしてあげる。といわれ 書き直しました。でも本社にはちゃんと報告されてて、今 本社からの回答待ちの状態です。


もらいすぎたお金をお返ししたら 解決なんですね。ちょっと安心しました。


マネージャーの横領という言葉は 撤回し 誤ってくれたら、万々歳です。ハラスメントですよね?

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ご相談者様のご心痛お察しします。

 

単に会社が払いすぎていただけであり、もちろん犯罪ではありませんので安心してください。

会社がきちんと貴方の労働時間を管理して、その労働時間をもとに給料を算定していればこのようなことは起こらなかったわけですから。

マネージャーが単なる無知であるにせよ、横領という発言は言い過ぎであると思いますので、その点について謝罪を求めても良いと思います。

ただ、ハラスメントに該当するかどうかはまた別問題です。

今年に入り厚生労働省からパワハラの定義が発表されていますのでご参考までにご説明させていただきます。

【パワハラ具体的行為】

(1)身体的な攻撃(暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

もっとも上記事項に該当するかだけでパワハラかどうかは判断はされません。

パワハラの違法性は被害者の主観的な感情を基準に判断されず、行為の場所、時間、態様、被害者の対応などを考慮して、行為が社会通念上許容される限度を超え、あるいは、社会的相当性を超えると判断されたときに成立すると考えられています。

貴方はそこまでお考えでないかもしれませんが、新しいマネージャーの発言によって、貴方が受けた精神的、身体的苦痛に対して損害賠償を請求していくには、少なくてもいつ、どこで、誰に、どのようにパワハラと思われる言動を受けたのかメモを取っておく必要があります。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

教えてください。パートの休憩時間というのは労働時間には含まれますか?休憩時間というのは給料は発生しないものなのでしょうか?会社によって違うものなのでしょうか?(60分与える)と書いてある資料をみつけましたけど、与えるというのは 給料が発生するかしないかわかりません。

雇用・労働 についての関連する質問