JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 418
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

地方公務員です。 上司の職務怠慢により先輩が過労とうつ病で倒れた部署に私が異動になったのですが余りに酷い実態の犠牲

質問者の質問

地方公務員です。
上司の職務怠慢により先輩が過労とうつ病で倒れた部署に私が異動になったのです が余りに酷い実態の犠牲となり同じく四年弱の過労を強いられ私も限界を迎え体調を崩したために、療養休暇を願い出るも却下され三ヶ月近く無理をしてついに倒れ、うつ病の診断を受けたので診断書を提出し療養休暇を願い出るもその日も却下され働かされ、翌日からとりあえず療養休暇となるも、半年後にいきなり分限処分にすると言われ納得できなかったので公務災害認定で職場と協議するため弁護士に相談依頼したところ確実に公務災害に値するから任せろと言ったので依頼したのですが、一年後に弁護士が裏切り、不利な和解案を押し付けられそうになり恫喝されたので連絡を取るのが恐ろしくなり結果として弁護士からの一方的な契約解消内容証明で解約したのですが、結局職場の防衛やパワハラが強くなる時間稼ぎをされていた感じで、弁護士の協議中に分限処分を受け、更には現在休職期間がまだ一年弱あるのに職場からの後発不当命令で公務規則として二つの医療機関の診断書がないと休職にならないのに事務手続きミスが発覚したので早急に是正するため職場指定の医療機関と医師と時間を決定したので受診しないと年明けには職務命令違反で欠勤懲戒処分にし給料と社会保証停止にすると宣告されました。また、職場が指定してきた医療機関に勝手に私の個人情報を開示利用予約されたり入院中の私に連絡が取れないと理屈を付け家族一人一人に処分通知を送りつけてきたり酷い有様です。経緯を知る市民や同僚支援者が事実証言をしてくれると言ってくれますが、ここまで卑劣な行政や地元弁護士を頼むことに不安を抱く中でどうしたら良いか?また、年明けには人権も完全になくなる実情に途方に暮れています。必死に記載をしたのですが、つたない文面ですいません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談頂き大変感謝しております。

 

文面内容拝見させて頂きました。はっきり申し上げて行政当局の対応は無茶苦茶で、事実でしたら通常考え難い人権蹂躙行為といえますね‥

 

地方公務員であっても、原則として労働基準法や労働安全衛生法の適用がなされます。貴方が過酷な勤務を課されて体調が悪化されたとなりますと、明らかに労働安全衛生法上使用者に求められている安全配慮を欠いた状況といえます。まして、体調悪化にも関わらず療養休暇を即時却下する等というのは全く信じ難い措置です。せめてその時点で指定医師の診断を受けさせる位の事は職員への安全配慮の観点から行った上で判断しなければなりません。個人情報の勝手な利用等も明らかに問題行為といえるでしょう。

 

そして、貴方が依頼されていた弁護士は恐らく会社側で主に弁護活動をされてきたか、あるいは労働問題に経験が乏しいかいずれかだった可能性が高いものと思われます。弁護士であっても、人権擁護派の方からそうでない方まで様々な立場の方がおられますし、中には文面のような依頼者の利益に反する行為を行う(恐らくは弁護士法違反になるものと思われますが)悪質な方も見られます。ただ、文面のような一方的な当局の姿勢ですと、最終的には裁判で決着するしかないように思われますので専門家である弁護士のサポートは不可欠です。

 

そこで対応としましては、地元の弁護士会に相談するか、あるいは弁護士会も信頼できないようでしたらネット等で労働事件で労働者側に携わってきた弁護士事務所を検索し事前に十分相談された上で受任してもらう事をお勧めいたしま す。やはり都市部の方がそうした弁護士の数も多いですので、範囲を広げて探される方がよろしいでしょう。どうしてもご自身で見つけることが不安でしたら、法テラスに相談されると紹介してもらえると思いますのでご活用してみてください。多くの弁護士は貴方のような真面目な弱い立場の労働者を支援していますし、不当な処遇については堂々と主張されるべきです。

雇用・労働 についての関連する質問