JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

先週、金曜日(12月21日)に会社の社長から「明日から来なくていい」と言われました。 解雇通知書及び解雇予告手当て

解決済みの質問:

先週、金曜日(12月21日)に会社の社長から「明日から来なくていい」と言われました。
解雇通知書及び解雇予告手当てを請求したいのですが、請求の仕方がわからず、また、誰に相談したらよいのかもわかりません。
ネットで調べていると内容証明郵便で請求するのが良いと書かれているのですが、どのような書式でどのように書いたらよいのかもわかりません。
どのように動くのが最善か教えて頂きたいです。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

早速、回答させていただきます。

解雇通知書はまずは口頭で請求すれば問題ありませんが、相手がすぐに応じない、または社長が中国に出張に行っていてすぐに対応してくれるかご心配であれば、会社宛てに内容証明郵便でご請求されるとよいでしょう。

「来週から来なくていい」という発言は即時解雇に該当しますので、解雇通知書と同時に解雇予告手当の請求が可能です。

解雇予告手当請求の根拠条文は労働基準法20条「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも30日前にその予告をしなければならない。30日前に予告をしない使用者は、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない」です。

請求する場合はこの根拠条文を明らかにしてご請求されるとよいでしょう。

内容証明郵便での請求は行政書士、または弁護士が専門になります。

こちらのサイトでは特定の専門家をご紹介することは禁じられていますので、貴方のお住まいの住所と行政書士、弁護士などのキーワードでネット検索されてみるとよいでしょう。

ご参考までに兵庫県行政書士会、兵庫県弁護士会のURLを記載させていただきます。

兵庫県行政書士会

http://www.hyogokai.or.jp/

兵庫県弁護士会

http://www.hyogoben.or.jp/

但し、今回のように単に解雇通知書、解雇予告手当の請求をされるのであれば、内容証明郵便の書式などは郵便局でも教えてくれますので、ご自分ですることも可能です。

専門家に依頼しないといけないということはありません。

内容証明郵便以外に、口頭で請求しても応じない場合の方法としては会社の住所地を管轄する労働基準監督署に申告することで、労基署から会社に解雇通知書、解雇予告手当を支払うことを会社に指導してくれます。

その場合は、「会社から即時解雇を言い渡されたにも関わらず、解雇予告手当を支払ってもらえない。労働基準法20条違反に該当すると思われます」と明確に伝えてください。

労基署の相談窓口は一般に非常勤の労働相談員が対応しており、単なる相談と受け止められた場合は、自助努力が強調され具体的な救済の動きにつながらないことがあります。

しっかりと会社の違法性を主張してください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

丁寧且つわかりやすい回答ありがとうございます。


 


口頭でも可能であれば、一度電話で請求し、


その後メールで同じ内容を送ってみようかと考えているのですが、


単に「解雇通知書の発行及び解雇予告手当てを支払ってください」とだけ伝えればよいのでしょうか。


その際、期限等を設定したほうがよいのでしょうか。


 


また、3ヶ月分の給与明細が無い為、


解雇予告手当ての正確な金額がわからないのですが、


「解雇予告手当ての支払いを請求する」だけでも問題ないでしょうか。


 


宜しくお願い致します。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

単に「解雇通知書の発行及び解雇予告手当てを支払ってください」というよりも、先の回答で述べさせていただいたように、法律上の根拠条文も伝えられたほうが、相手にプレッシャーを与えることができると思います。

貴方の仰るように、期限を設けられると良いでしょう。

解雇予告手当の金額は貴方が計算する必要はありませんので、「解雇予告手当ての支払いを請求する」だけでも問題はありません。

しかし、実際に支払ってもらった金額が本来の解雇予告手当よりも低い、または支払いに応じない場合で労基署に申告する場合には何かしらの証拠が必要となりますので、給与明細等があったほうが良いのですが、給与明細がなければ、労働契約書、給与が振り込まれた銀行口座の写しなど、いくら給与が支払われていたか分かるものであれば問題ありません。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問