JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

パートから正社員に採用された50代の女性です。賃金で悩んでいます。2008年1月にある資格所有者ということで週4日時

解決済みの質問:

パートから正社員に採用された50代の女性です。賃金で悩んでいます。2008年1月にある資格所有者ということで週4日時給1450円で採用されました。職場には同様の資格で先輩のパートが2名、一般事務(時給1000円)が1名いました。2009年10月に役員(常務)2名、人事部長、所属長同席の場所に呼ばれ、「あなた方4名全員を正社員にする予がある。賃金は今の時給でフルタイムで働いた金額をスライドさせたものとする。」という事でした。「ただし、入社3年以上経過したもの」ということで、私一人は「3年たったら他の人と同じ条件で採用する」と言われ、他の3名は正社員になりました。その後、2011年3月31日に正社員にするという内示があり、賃金については何の説明もないまま4月1日に正社員としての辞令を受け取りました。当時私の時給は1480円でしたが 4月25日の給与前に受け取った「賃金を知らせる書面」は時給換算で約1160円(月額182000円)でした。上司を通じて人事部に事情を話して時給換算で1480円(月額23万)にしてほしいとお願いしましたが、2009年に社員にするといった役員たちは誰も会社に残っておらず、「前担当者からは何も聞いていない。現在の基準によって賃金は決められたもので変更は認められないという返事でした。「ボーナスと退職金の積み立てを足したらパートの時と同じ年収になる。嫌だったらパートに戻ってもいいですよ」といわれて泣く泣く働き続けました。今回ひょんな事から、2009年10月に正社員になった先輩パートの賃金が時給1000円だった人まで全員同じ月額23万だったことを知りました。事務のパートの人は資格もなく、学歴も私より下で仕事内容も違います。ますます納得できなくなりました。現在の上司に相談しましたが会社からの回答はやはり賃金の変更はできないとの回答でした。私は泣き寝入りするしかないのでしょうか。今後会社にどのように申し立てしたらいいのかアドバイスください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

早速、回答させていただきます。

 

まず、アルバイトを正社員へと変更する際の給料決定について、時給をフルタイムで働いた金額にスライドした給料にする定めは法律上になく、当事者の話合いによって決定されることになります。

また、給料の決定方法についても会社の経営状況も考慮され、その年によって異なっていたり、個々の従業員によって異なっていても問題とはなりません。

2009年10月に会社とお話しされたとき、「あなた方4名全員を・・・」という内容で書面で確約されていた場合などは別ですが、当時のお話しの内容をもとに、給料を時給換算で1480円(月額23万)として求めていくことは難しいと言わざるを得ません。

とはいえ、賃金についての何の説明もないままに正社員としての辞令を交付したり、「賃金を知らせる書面」を給与日前に交付したりと、会社の対応にも問題があるといえます。

また、資格もなく、貴方よりも学歴の低い方のほうが給料が高いことに納得できないお気持ちも十分に理解できます。

 

すでに何度か上司や会社に相談、申立てをされているようですが、それでも賃金の変更に応じないようであれば、行政に介入してもらう方法もあります。

そのような場合は労働局のあっせん制度が利用できます。

労働局のあっせん制度とは国が指名したあっせん委員が仲介役となって、労使の間に入り和解による解決を目指すもので無料で利用できます。

双方の主張を聴きますが、事実の認定は行わず、あっせん案の提示が行われます。

簡単に言えば、国が話し合いの場を作ってくれる制度です。

ほとんどのケースが、概ね1ヵ月程度で解決します。

全国の労働局、労働基準監督署内にある総合労働相談センターで相談、申し込みができます。

ご参考までに厚生労働省HPにあっせん制度についての詳細がありますので、そちらのURLを記載させていただきます。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/

あっせん制度は労働審判や訴訟と異なり、あくまで話し合いによる解決を目指すものですので、今後の勤務継続を考慮した平和的な解決が望めます。

それでも解決しない場合は労働審判、訴訟で争うしかありません。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

サイトルールを守ってのご利用、何卒よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問