JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 402
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

現在、うつ病で1年半ほど休職しています。 うつ病を発症した当初(休職開始の1年ほど前)から心療内科通院へ通院し、

質問者の質問

現在、うつ病で1年半ほど休職しています。
うつ病を発症 した当初(休職開始の1年ほど前)から心療内科通院へ通院し、
社内カウンセラーのカウンセリングも受けていました。

社内カウンセラーに「残業制限なしでも治る自信はありますか?」聞かれた際に
「制限がかかっていないと、上司は同僚たちを比較対照にして連日のように深夜残業することを
要求してくるので、治る自信がありません」と答えました。
それに対して社内カウンセラーは「貴方の上司と相談します」と回答しました。

その結果「残業制限は行わない。その代わりに上司が私の仕事量を調整して
残業制限と同等の状況にしてやる」という結論が出ました。
しかし、その結論は1ヶ月も経たないうちに反故にされ、結局私は休職に至りました。

ここからが本題ですが
休職に入った直後のカウンセリンで私が「曖昧な結論を出した結果この状況に至った」と
不満を漏らすと、社内カウンセラーが
「貴方が『産業医面談を受けると安易に残業制限を言い渡されるから、産業医面談は
受けたくない』と言ったのでしょう!?」
と言いました。
故意か過失かはともかく、上司から社内カウンセラーに誤った情報が伝わっていたのは確かなようです。

そこで、私に関する社内カウンセリング記録を閲覧させて欲しいと会社に申し入れたいのですが、
この場合に、公的に情報開示を請求する手段はあるのでしょうか?
公的な手段が無いと、会社側が何か理由をつけて、申し入れを退けらるように思えます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 4 年 前.

大変な状況の中御相談頂き誠に有難うございます。

 

貴方が社内で受けたカウンセリングの記録等、会社が雇用管理の目的で保管している従業員に関する情報も、原則としまして貴方の個人情報になります。

 

こうした個人情報につきましては、個人情報取扱事業者の場合ですと、個人情報保護法第25条におきまして「本人から、当該本人が識別される保有個人データの開示(当該本人が識別される保有個人データが存在しないときにその旨を知らせることを含む。以下同じ。)を求められたときは、本人に対し、政令で定める方法により、遅滞なく、当該保有個人データを開示 しなければならない。」と定められています。こうした情報開示義務につきましては、業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合等の例外を除き、守られなければならないものです。また仮にごく小規模の会社等で個人情報取扱事業者で無くとも個人情報の管理をきちんとしていなかったり、不適切な取り扱いをした結果従業員に損害を与えた場合は、当然ながら損害賠償等の責任を負うことになります。

 

さらに同法第26条では、「本人から、当該本人が識別される保有個人データの内容が事実でないという理由によって当該保有個人データの内容の訂正、追加又は削除を求められた場合には、(中略)利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、当該保有個人データの内容の訂正等を行わなければならない。 」といった定めがございます。つまり、内容に不備があれば訂正することが義務付けられています。

 

従いまして、貴方の開示要望に対し会社人事担当者は原則として応じなければなりません。まして、要望書すら受け取り拒否する等といった対応は持っての他ですし、個人情報保護法違反となる可能性が高いものといえます。

 

恐らく会社側でずさんな記録管理や、場合によっては最悪改ざんをしているのかもしれません 。そうであれば、幾ら会社に要求しても応じないものと思われますので、行政機関に申告される事で対応することになります。従業員の場合ですと、個人情報開示以外の件も含めまして労働基準監督署に設置されている無料の総合労働相談コーナーに行かれるとよいでしょう。或いはとりあえず情報開示の問題のみに絞りたい場合ですと、都内港区にございます一般財団法人日本情報経済社会推進協会の個人情報保護苦情相談室へ相談されることをお勧めいたします。

jinjiconsulをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問