JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
srleeに今すぐ質問する
srlee
srlee, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 207
経験:  早稲田大学卒業 1999年社会保険労務士登録 産業カウンセラー ハラスメント防止コンサルタント
70981215
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
srleeがオンラインで質問受付中

再三の質問にて、失礼いたします。 過去の質問、回答での内容から、会社側の安全配慮義務違反の可能性に伴う「労働契約法

質問者の質問

再三の質問にて、失礼いたします。
過去の質問、回答での内容から、会社側の安全配慮義務違反の可能性に伴う「労働契約法」の存在を知る機会を頂きました事、感謝しております 。

本日、内科医師からの指示により、心療内科を受診しました結果、「3ヶ月の休養が必要」との診断書が出ました。
私、嘱託社員として、来年3月15日迄の契約期間が残っておりますが、来年の更新はしない事は、既に会社側へ伝えております。

つきましては、このまま、3月15日の期間満了まで休職とする事は、問題無しでしょうか?。契約期間満了ですと、「辞表」の提出は必要無いそうです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご質問あ りがとうございます。

心療内科から「3ヶ月の休養が必要」という診断書が出たので、それをもって休職し、そのまま3月15日の期間満了を迎えて、自己都合の退職ではなく、「契約期間満了」で退職したいが、それができるかどうか、という質問内容でよろしいでしょうか。体調の方はまだ思わしくないのですね。おだいじになさってください。

さて、休職ができるかどうかというのは、法律に規定があるわけではなく、会社の就業規則に休職の規定があり、ご質問者様がその対象になっているかどうかによります。つまり、有期契約労働者も、一般の労働者と同様に休職の対象になっている、ということであれば、休職することはできます。

ただし、今回の契約の更新のときに、会社の側から「今回で最後になる」という通知がなく、労働者の側が契約更新を希望しない場合は、雇用保険の失業給付は自己都合と同じ扱い(3ヶ月の給付制限有り)になります。

会社で健康保険に加入している場合は、傷病手当金の対象になりますが、退職する前に支給が決定していれば、その後も同じ病気については、1年半が経過するまでは支給されます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


再び、御世話になります。


まずは、今回の一連の質問に対し、重要な情報を頂けました事、感謝いたしております。


 


会社の就業規則次第と言う事で、診断書提出の際、総務課にて確認しますが、今回の退職に関しては、雇用保険の失業給付は、自己都合と同じ扱い(3ヶ月の給付制限有り)になるとの事なので、有給休暇を消化次第の退職と言う選択も有り得ますね?。

また、退職後、国民健康保険へ切り替える迄の、病院への通院には、保険証等は、どの様にすれば良いのですか?。


この点が一番、気になっています。

専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。
感謝の言葉をいただきまして、とてもうれしく思っています。

>会社の就業規則次第と言う事で、診断書提出の際、総務課にて確認しますが、今回の退職に関しては、雇用保険の失業給付は、自己都合と同じ扱い(3ヶ月の給付制限有り)になるとの事なので、有給休暇を消化次第の退職と言う選択も有り得ますね?。

退職日がまだ未定ということでしたら、有給休暇を消化して退職という選択肢も当然あります。

また、国民健康保険への切り替えは、退職のときに会社から「資格喪失証明書」を発行してもらい、それを持って退職後に市町村役場に行って「国保に入りたい」と言って手続をすれば、即日保険証が発行されます。役所の方で退職日を確認して、空 白の期間ができないように加入日を入れてくれます。退職日が決まったら、かかっている病院には「○月○日で保険証が国保にかわる」と言っておけばよいでしょう。

また、国民健康保険に切り替える以外に、「任意継続被保険者」という制度もありますので、保険料がどちらが多いか見比べて、それから決めてもよいでしょう。国保の保険料がいくらぐらいになるかは、前年の収入によって違いますので、お住まいの自治体に問い合わせてください。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/11,0,45.html

「国民健康保険に切り替える」ということは、現在会社で健康保険に加入なさっているということですよね。最初の回答に書きました「傷病手当金」のほうは、請求なさることも検討したほうがよいと思います。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,271,25.html

傷病手当金は、退職するまでに請求しておくと、退職後も、医師が「労務不能」という判断を証明してくれる期間は、1年6ヶ月を限度として引き続き支給されます。

ただ、有給休暇をとった日については支給されませんので、傷病手当金の支給額(最初の3日間をのぞいて休んだ日数✕標準報酬(≒ 給与額)日額の2/3)と比べて、有利な方を選んでください。



srleeをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  srlee 返答済み 4 年 前.
プラス評価をいただきまして、まことにありがとうございます。
しばらくゆっくり休養なさって、心身の回復につとめてくださいね。

雇用・労働 についての関連する質問