JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

退職するにあたり、秘密保持に関する誓約書に署名・捺印を求められました。内容は『秘密保持の確認』『秘密の帰属』『退職後

解決済みの質問:

退職するにあたり、秘密保持に関する誓約書に署名・捺印を求 められました。内容は『秘密保持の確認』『秘密の帰属』『退職後における秘密保持等の確約』『競業避止義務の確認』というもので、問題はありません。しかし、もう1項『協力の確約』という項目に疑問を感じております。というのも、退職後、5年間を経過するまでの間何か問題があれば、対処するために訪問して説明する等を確約する。という内容です。さらに、この連絡に伴い住所・電話番号・携帯番号も5年間保持し、変更があれば速やかに通知せよ。というものです。立場上、法務業務を担当しておりましたので、何か問題あれば協力はいたしますが、「訪問」「5年間」ということが気になっております。交通費の問題や新しい職場に勤めた場合休みが取れるかどうかという問題、呼び出される頻度やその処理に係る時間も気になります。退職すれば雇用契約が終了するわけですから、ここまで拘束される必要があるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 4 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

「協力の確約」に関しては、行き過ぎの内容の感があります。ご相談者様がおっしゃる通り、退職すればそこの会社の業務に従事する責任はありませんし、次の職場で休暇をとってまで協力を強要されるいわれはありません。もちろん裁判沙汰や警察沙汰になってしまった案件について協力することは必要でしょうが、単なる通常業務の件で頻繁に呼び出しをされたのではたまったものではありません。

 

「協力の確約」について詳細を確認し、どこまでの協力なのかを書面にしてもらった方がよろしいでしょう。書面化の拒否やあいまいな回答がされた場合には署名捺印を拒否すべきかと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問