JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

間違って事前に申請してしまった有休届の日を取り消してもらうの可能でしょうか? それとも取得の当日に出勤すれば問題な

解決済みの質問:

間違って事前に申請してしまった有休届の日を取り消してもらうの可能でしょうか?
それとも取得の当日に出勤すれば問題ないのでしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
間違って事前に申請してしまった有給届の日を取り消してもらいたいとの事ですが、
そのまま休んでしまっては問題があるのでしょうか。

取り消してもらいたい理由があるのでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ただでさえ体調不良の休みが多いうえに、


自分の方で間違って一日多く記入してしまい、
変更してもらわないといけなくなったため


 


ただ旅行目的の有給と周りにいってしまったため


有給の使用上限範囲内でも快く思われていない

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
旅行目的で有給休暇の申請を間違ってしてしまったというのであれば、
旅行にの日程を間違ってしまったとして取り消してもらいたい旨を伝えられたらいかがでしょうか。

一度有給休暇の申請をしてしまった場合に会社はその取得を拒むことはできません。
ですが、労働者の方から取り消してもらいたい旨を伝えるのであれば別の話です。

法律的に問題がないかどうかよりも正直にお伝え頂いた方がよろしいかと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

実は本日申請して変更に応じてもらいました


 


 


年の有給の範囲内でも


休みが多いと何かしらの懲罰がされたりするのでしょうか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
そうでしたか。変更が出来て良かったですね。

有給休暇は取得する人が偏っていたりすると
どうしても感情的に 面白くないと感じる場合もあると思います。
(本来であれば全員が有給休暇消化できるように会社が配慮をすることが望ましいのですが)

有給休暇の取得日数が多いことによって懲罰の対象となるのは、
法律的には許されるものではありません。
なぜなら有給休暇は労働者に与えられた権利であって会社がその習得を妨げることは
許されないとされているからです。

労働基準法にも罰則が定められており、6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金にするとあります。
質問者: 返答済み 4 年 前.


自分は普段からオドオドしたりしてるので

嘘ついてると思われているのではないかと不安でした。

 

今回も旅行から帰ってきたら何かしら懲罰的なことが

された後だった…なんてことを思うとなかなか寝付けません

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
労働基準法は労働者の権利を守ってくれる法律です。
また法律違反があるようであれば労働基準監督署が対応してくれます。

きちんと仕事をされているのであれば
自身を持たれて有給休暇の取得をされたらよろしいかと思います。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

正直現時点できちんとできているのか不安になってます


 


先日も体調不良で休んだ翌日、上司に口頭で注意されて


 


「いてまうぞ、コラ!」と厳しい口調でいわれました


 


正当な理由で懲罰が課される場合ってどういった状況なのでしょうか?

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
>先日 も体調不良で休んだ翌日、上司に口頭で注意されて
>「いてまうぞ、コラ!」と厳しい口調でいわれました

本当にそのように言われたのでしょうか。
はっきりと申し上げてこれは指導などの範囲を逸脱してパワハラに該当するでしょう。

>正当な理由で懲罰が課される場合ってどういった状況なのでしょうか?
懲罰については就業規則に定められています。
おおよそ企業秩序や職場の規律に違反した場合を対象としています。
もちろん体調不良や有給を取得したことによって懲戒処分をすることは許されるものではありません。

雇用・労働 についての関連する質問